2011年06月23日

どうも鬱っぽい


トラッキー君の中の人の情報が解るのは大スポだけ!


====================


昨日の昨日、夜中に腎臓結石で夜中に病院に運ばれました。
仕事が殆どないものの、段取りの仕事があったので仕方なく鎮痛剤処方後仕事。。

相方のの高居職長もお子さんの何日も引かない謎の高熱でダウン
(細菌性のウイルスだったみたいで、抗生物質投与で一安心)

そして、10月まで予定が合った、ロットの品、予約あったにもかかわらず来月から半減。
どうも情勢不安の煽りをついに受けたみたいです。
普通のロットでギリギリセーフかギリギリアウトぐらいの単価のお仕事だったので。
半分無くなるとヤバヤバ、と言うか激ヤバモード


先程、うちの会社の内情を心配して、オダ工作室社長から連絡。


「自分と家族の体調の管理や病気だけは、どこまで行っても拭えない不安であり壁ですね」
とオダ社長。 本当にそうなんです、これだけは、なんとも、ならない。。


体調の悪化と会社の不安定さがクオーターパウンダーの様に重なり、結構なレベルの鬱モード突入


結構今までも躁鬱激しいですが、起業してから最大級のビックウェーブが到来です。
マンモスノリピーの旦那なら迷わずこの波をキャッチする事でしょう。
僕はあいつ嫌いなんですけど。



何をグタグタ言っても仕方ない。もう6月の末。
今年半分を乗り切れたんやから、7月からの新しい出会いや仕事に期待。
と、キマッタ時の押尾先生の如く無理やりに躁に持って行く。
あんまり色々な事同時に考えても、仕方ないですもんね~


今日はそろそろ仕事を置きます。アルカディアの高野社長が遊びに来られます。


たらふく酒のんで、社長に元気を貰ってきます。





Posted by 東大阪技研 担当的場 at 17:04│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。