2011年05月25日

シリーズ化

大阪の一等地の億ションに住んでいる方のマンションの
エレベーターを無くして階段だけにしてください☆

と短冊に願いを込めようと思っています


===============================


あまり加工品に関してのネタが無いので、


「今日はこんなん買いました」シリーズ化しようと思っております



今日はコレ



何時もお世話になっています、切削工具の相場を根本から破壊したと思われる
皆様ご存知の大手商社様のオリジナルブランドのAL用ソリッドの新作です。

径はΦ16と野太く、日本男児ならだれもがUSAに憧れてしまうようなサイズですね。


先に言っておきますが、しつこいように僕はハイヘリカルが大好きです。


売りが 「一発立ち壁加工を高面精度で実現!ビビリも最小限に抑えます」

との事で、従来使っております 45度ヘリカルの三枚刃のΦ16のサイドが若干チップしてきましたので
どうせ同じのを買うのなら、と気合を入れて違う新作にしてみよう、と。


なんかブローチリーマーを逆さにしたような刃形状ですね。
タフカットスキルリーマーではないですよ、あくまでもブローチ。

燻し銀な55度のヘリカルもさる事ながら、この上に巻き上げるようなすくい面、興奮です。
そして写真で見て解ります様に、シャンク径からそのままの円筒マージンですので
径も計りやすいですね ←前回シリーズのクイックマイクロが大活躍です。

シャンクからの円筒マージンと言う事は、二番が逃げ面無く
切削面にベタ当たりになると自信は解釈しております。

(バニッシュ効果で面粗度を狙い+ワークをカジらせないので、ビビリが少ない??)



そんな期待を勇気と希望と知恵いっぱいの胸に詰めて
いざお気に入りのMEGA16にパイルダ-オン




※もううすうす勘ずかれているとは思うのですが、僕は大昭和エンスーです。


主軸と端面を密着させ、なおかつナットとボディが締め付け時に完全密着され
さらに尚且つ触れ精度が口元3ミクロンの世界初の高速回転型のミーリングチャック
メガダブルパワーチャックで

皆様ご存知のエンドエンドミルの相場を根本から
破壊した商社様の新作の仕上げ用のエンドを握らせて刃先が切削抵抗と勝負して
どうなるのかを想像しながら起動ボタンをON!


(大昭和エンスーなので、勘弁してください)










結果は、乞うご期待!!!!!!!!!!!!!!



















と言いたいところですが、簡単に結果をお話します。


まず、三枚刃の時と同じ条件で350メーターから始めてみます。

ビビリません


ん?まだいけるな? 欲を出して600Mで回す

ビビラナイ


んんんんんん?  もうチョイいけるか?800M!


びびりません?



あららら。もうやけくそ、1000Mや!


びびりませんでした。



やはり思っているように仕上げでビビリが出ません。

しかし、どの回転粋でのサイドカットも、白くすすけて全然綺麗に立ち壁が仕上がりません。

例えるならば、切れの悪いソリッドで調質鋼を仕上げたような面粗度



んんんんんんん、、なんでなんかなぁ。


エンドミルを見てみると、円筒マージン(二番??)にベッタリと溶着していました。

バニッシュもなにも、溶けたアルミで表面こすっているようなもんですねこりゃ。



仕上げにはあまり使い物にならんような気がしました。
しかし刃の形状からかワークにカジリを呼ばないのでビビリは出ないんだろと個人的に解釈しております。


仕上げよりも、オプティラフ加工のような荒取りに適してるんだろうなぁ。周速も上げれるし。



取り合えず従来の刃物に戻し、またオプティラフパスを出せるような機会が有る時に持ち越しになりそうです




※電卓で周速の計算間違えていました、書き直しました、べべべ~


同じカテゴリー(モノ作り)の記事
嬉しいお話
嬉しいお話(2011-08-18 21:45)

エンドミル
エンドミル(2011-05-30 23:04)

お気に入り
お気に入り(2011-05-26 21:37)

日がな年中アルミ
日がな年中アルミ(2011-05-24 23:31)


Posted by 東大阪技研 担当的場 at 22:45│Comments(7)モノ作り
この記事へのコメント
メッチャ勉強させて頂いてますm(_ _)m
Posted by マキノ at 2011年05月26日 07:30
はじめまして。 高野 二郎です。
的場さま、嬉しくなっちゃうコメントありがとうございました。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。
情報の共有は・・とても大切だと思います。 こんな時代ですから。

私と・・的場さまは・・創業者です。 こんな時代の。

いわゆる・・良い時期を・・まったく知りませんよね。

だからこそ、できること・・・やれる事があると思います。

これからも、よろしくお願いいたします。
Posted by 高野 二郎 at 2011年05月26日 08:49
>マキノさん

いえいえ、快削材なんて実際どうやっても削れちゃいますよ~

エンドミル握らせて適当に走らせてみるだけです。。。
折れたら考える、の繰り返しですが。。。

快削材の仕事は、いかんせん安すぎますので。。

なんか難しく考えたり言ったりすると格好良いかなって思ってるだけだったりして。

見た目がタヌキみたいな顔なので、せめてそこらへんでも格好良く見られたい、なんちって。

実際はあんまりよくわかってません。


しかし、マキノさんのようなステンレス切削加工のモンスターみたいな人の方がすげ~って思いますよ実際は。

316Lの怪物ですね



>二郎様

コメント有難うございます。

ほんとそうなんです、、良い時期、、まったくないです、

ただただお金と納期とお客様からのプレッシャーに悩まされる毎日です。

せめて、これからの子達にはそんなエグイ気持ちでではなく
本当のモノ作りの楽しさを追求してお金儲けをしてもらいたくて
と思って会社を起こして見たものの。。。

実際はそんなカルマに囚われてエグイ人間になってきています。。。

理想と現実は違いすぎて、もうなんだかよくわかりません。


二郎さまもそうだと思われるのですが
経営していると、一喜一憂、躁鬱、が激しくなってしまいますよね。


気持ちが下向きになってしまいがちな時にこそ、前向きにがんばりましょうね。


モノ作りの苦しみが解る人間は、モノを作っている人間だけです。

モノ作りの喜びが解る人間は、モノを作っている人間だけです。


表面的なモノ作りの躁鬱は、こちら側の人間でなくてもある程度はわかるのでしょうが。

本質的な核の部分にいたっては、本当にこちら側だけの世界ですよね。



これからもよろしくお願いします
Posted by MATOBAX at 2011年05月26日 11:56
毎度、よう勉強させてもらってます(笑

某メーカーてどこなんですか??

って、これ逆さブローチリーマですね(笑

ほんと、よく勉強されてますね…頭が。

それに比べ私は…。

ウンコの話で盛り上がってます…。(笑
Posted by o_y_d at 2011年05月27日 12:35
これってこの辺↓(PDF注意)とか
http://www.carbide-tool.com.tw/pdf/600/st-600-e%2017.pdf

この辺のによく似てるんですが
http://www.endmill.com.tw/products_list.php?lang=en&CID=19

どっちでしょうか....
SpeedTigerはうちの近所でもそこそこ売れ出したらしいですが...
あとSTのアルミ用はAEじゃなくてAETのシリーズにしときなさいと言われました。
Posted by antec at 2011年05月27日 21:22
このエンドミル、開発中にミスミの開発部からウチに2回くらい試験依頼で送られてきてテストした覚えがあります。


円筒マージンをもっと細くして、芯厚をもっと太くしてダブルフルートにしろと要求しましたが、黙殺されたようですね。。。



Aeを大きくすると(0.7Dくらい)先端にかけて曲がるので、立ち壁が真直に仕上がらないという弱点もあります。


Apを大きくして(3Dくらい)で溝フルカットすると、キリコが詰まって折れるという弱点もあります。
意外とキリコが上がってこない刃溝形状なんですよね。


いずれも日進工具のAL3Dでは普通にできることなので、もうこれをマネしちゃえば?とミスミに言ったら「うううう~~~んんんん」と悩んでしました。
Posted by ヨシア機 at 2011年05月27日 22:09
>OYDさん

ミスミでした、ちゃんちゃん。

めっちゃ安いんですよ、一昔前なら16の超硬がこの値段なんて信じられません。

安いからそれなりなんでしょうが、たま~に結構使える奴もあります。


あ、あとウンコの話は僕も好きですよ。

とくに今のお気に入りは軟便のど飴です



>antecさん

深く考えては駄目です、ミスミです、

スピードタイガーは、Φ12の型番忘れましたが一本持っています。

あれはビビリの王様でした、がびーん


それはそうと、DHFと言うメーカー 初めて知りました。

なんか色々な形状の切れ切れなのがありますね。

どうなんでしょうか?

>よしあきさん


そうですミスミです、あのミスミです。

日進のAL〇Dは、確か径が12まででしたよね?

ALZもそうなんですが、そのもうちょい上が欲しいんですよ。

結構60や70などの立ち壁仕上げる事が多いので。。。

オフセットシャンクだとどうしても加工スジが目立ってしまいますし。。

カタログにも書いてありましたが、溝はダメだと思います。

あくまでも仕上げのサイドカット用に買ってみたのですが
従来使っていた、三枚刃のハイヘリの16パイのほうが綺麗に仕上がります。


12Φ超えると、三菱、日立、OSGなどのラインナップなんでしょうが、値段がすごすぎて、ちょっと試しに買う勇気がないんですよ、おえ~


今僕のトレンドは、ミスミの三枚刃のハイヘリですね

なんか安いしアレもってきとけば、一応削れるので。
Posted by まとば at 2011年05月27日 22:37
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。