2011年04月08日

インコネル 削る

あまり冗談を言う気にならない

=====================

どうも、いつもお世話になっております。僕です。


中々気が重く、何かを書く気にはなれないですねぇ。。

前の記事で、自粛と言おうと思えば、自制と書いておりますし。
でも、面倒くさいのでほったらかしてたり、と。




少し間がありましたので、前々からやりたかった事の一つができました。


頂き物のインコネル(のなにかは不明)を削ってみよう、と




とりあえず、ハイスのラフィングで、ゴリゴリ、意外となんとかなるものです





次は、ハイスの13のドリルでゴシゴシ、意外となんとかなるものです



今までインコネル、ハステロイは触ったことがなく、ビビリ倒しておりましたが。
落ち着いて、ポイントさえ押さえれば、あまりトルキーではない主軸でも削れるみたいです。

いつか仕事として、ちゃんと触ってみたいものです。


そして、これまた、硬いと言うだけしか解らない、謎の鉄に穴をあけてみました。





これも、意外となんとかなるものです。(端のジャン切できってあるやつは、うちで空けたのとは違いまっす)




難削材になればなるほど、周速を上げる事が難しいので、ハイスの方がええような気がしてしまいます。

超硬があれば、なんでもいける、ハイスなんてださださだわ、と思っていた時期が、僕にもありました。


同じカテゴリー(モノ作り)の記事
嬉しいお話
嬉しいお話(2011-08-18 21:45)

エンドミル
エンドミル(2011-05-30 23:04)

お気に入り
お気に入り(2011-05-26 21:37)

シリーズ化
シリーズ化(2011-05-25 22:45)


Posted by 東大阪技研 担当的場 at 02:27│Comments(6)モノ作り
この記事へのコメント
お疲れ様です。
硬いものを削るときに困ったらハイスを回転遅くして使えと言うのが親父の口癖です。
結構何とかなるものです。
Posted by o_y_d at 2011年04月08日 10:45
貫通する時に焼けやすいのでやっぱり油断したら悲しくなりますよ~
Posted by マキノ at 2011年04月08日 12:49
その謎の鉄はA286という材質です。

ttp://xn--qckn4dud5e146u9qq.jp/article/105427740.html


ジャン切(というの?)は加工はできるものの、切断が出来なくて困っていたのですが砥石なら切れるかも!と思ってトライした跡です。
Posted by ヨシア機 at 2011年04月09日 08:06
ヨシア機さんごめんなさい。もらったアレなかなか試せなくて的場さんにお願いしちゃいました。
Posted by けん at 2011年04月11日 00:00
けんさん


はやく5番のマシニングが手に入るといいですね~。

100万円以下で売ってる古いマシニングでもCAMのプログラムが流し込めればだいぶいい仕事します。
Posted by ヨシア機 at 2011年04月12日 01:10
>OYDさん

最後はハイスで回転としてゆっくり削ると大体勝負に勝てますね。
調子に乗って超硬ボキボキ折って、最後はこれに結局たどりつきます。



>マキノさん

柔らかい材料は、貫通の時の盛り上がりかたが半端じゃないっすよね。
最後はハイスのキリでゆっくりいってやるしか方法が見つかりません僕には



>ヨシアキさん


そうなのですか~、鉄と聞いていたので、まさかSUS系だとは思ってもいなくて、 数あけるとどうなるかが、気になりますよねぇ。



>けんさん 


OKK
Posted by ひがラボ 的場ひがラボ 的場 at 2011年04月18日 23:56
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。