2011年02月07日

深い穴

苦しんご


===============


寒さも少しずつではありますが、暖かくなってまいりまして
日曜日と言う行楽の日にとても似合う天候と気温でしたね。

皆様も今日はリフレッシュ出来ましたか?それとも行楽?




僕も、もちろん仕事でした。





いやはやしかし青田典子と事務所が連絡つかない昨今
とても僕は悩んでおります。


細い深い穴の加工


2.5ミリの穴で、長さは110ミリほどなんですが
もちのロンで一撃は無理なので裏表半分ずつであけます(トンボ工法)

材料は6063Sと言う、余り削り易いとは言えない賢くない材料です。


しかし、後まだ1500穴ほど最低でも空けなければいけない予定


先方からも。別にOKだと言われておるのですが、どうしても穴同士が0.15ほどずれてしまう。

2.2位のピンゲージはスコスコなのですが、2.3ぐらいから半分で止まる。。


別にOKでてるんだけど、気持ちが悪い。

半分なので、D2.5 - L55ぐらいなのですが、これぐらいのズレは仕方ないのでしょうか?
(直進度0.15程)


結構色々なドリル買い漁って、試してみたのですが。どれもあまり変わらないっす。

取り合えず内部給油無しでほぼノンステップに近い形であけれる所までは持っていけたので
時間はかなり早くなったのですが。


グーリングの超硬 → ノンステップで最後の手前で折れる。 ステップさしても空くが曲がる。
ハイスのロング、強力型(突撃)ドリル → ノンステップでほぼ折れない。 しかし曲がる。


両者、細かく刻んでも折れはしないが曲がる、ノンステップもほぼ直進度変わらず。


僕の中ではそろそろ限界かなぁとか思ったりするのですが、まだいける!と思われる方。
情報お願い致します。



※ MQLと内部給油は設備が無いので、無しの方向でおねがいしやす



Posted by 東大阪技研 担当的場 at 01:18│Comments(8)
この記事へのコメント
私の中学生の時のお話です。
私の後輩投手は、打者の手前でどんな投げ方をしても曲がる球を投げてました。
中指が、どうしても強くて投げる時、球を押し出すみたいです。
その中指君。
なぜか、大人になるとモテモテでした。
なぜなんだろう?と考えました。
たぶん、中指が活躍してるからだと思ったことがあります。
加工関係なくて(笑

スターティングドリル→短いドリル→ロングドリルじゃ、邪道ですよね。。。
すみません。
Posted by o_y_d at 2011年02月07日 05:36
機械のZ軸と主軸中心の平行は確認済みですよね?

時間がかかっても王道の
センタリング→2.4スタブドリル→2.5エンド→ロングドリル

数があるなら案内のジグ板を使う方法もあるよ
Posted by 雄鳥 at 2011年02月07日 09:51
う~ん、一応SUSGDSでスターティングはさしているんですけれどねぇ。。

①-6までスターティングでもむ。

②ロングDを-4までS300で入れる

③S2500まで上げ-55までドリルサイクル

④-55でS300でZ退避


綺麗にトンボなる時もあるんですが
ちょっとずれる時もあります。


やっぱり突撃形自体がふにゃふにゃだから、気分であっちらこっちらチゼルがうろうろしよるんですかねぇ。
Posted by まとば at 2011年02月07日 23:15
>OYDさん。

僕の友達でとても舌が長い友達がいます。

でも全然もてません

風俗ばかりいっています
Posted by まとば at 2011年02月07日 23:16
写真…GOOD!
Posted by csq-ceo at 2011年02月09日 10:39
う…ん、

曲がっちゃうでしょうね…
曲がるし本当はスパイラルしながら開いていってるだろうから最後はずれるんじゃないんだろうか…

放電の穴加工機だったら真っ直ぐ開くんだろうねー
Posted by マキノ at 2011年02月09日 12:57
こんにちは~

穴のスタートで決まると思います。
スタート穴作り、φ2.3~2.4SUS-GDSで深さ4~5ミリ
次にφ1.3~1.5エンドミルでロングドリルの径とほぼ同径で
深さ4~5ミリ掘ります。ドリル無しでヘリカルで入れるも良し

いよいよロングドリルの登場、とにかくロングドリルは切削抵抗に負けて
曲がろうとします。ガイド穴が緩いとそこから曲がって入ります。
ドリルは自身で明けた穴をガイドにしながら進みます。
自身で明けた穴にもクリアランスは存在するのでやはり曲がります。
理論的に言うと曲がる・・・答えになってないですねぇ。

ホントはドリルが曲がらない程度に押し込めれば良いのですがチンタラして・・・
切り子は繋がるし、良いことありません。
Posted by 赤い彗星 at 2011年02月09日 14:21
 穴あけで直進保つのに、ブッシュを使うと言う手もありますねん。
ミスミか鍋谷であったような気がしますねん。ワークの上に固定してやりますねん。切りくず排出の為、ワーク上面から適度にすきまをあけますねん。ブッシュの長さ分長いドリルを使うため、深さに制約は有りますが、センタもみなし、スタートドリルも無しで加工出来る場合も有りますねん。自動車メーカーは更にMQLでワンステップ加工みたいですねん。ブッシュのサイズ及び、その位置と選定は、センスですねん。ドリルが文具の下敷きのようにふにゃっとへの字に曲がるのと同じ現象を無くすだけで、いいんですねん。深すぎて、ワーク内で曲がってしまう場合は、直進をたもつのは、むつかしいでしょうけど。
 気分は東大阪、でも八尾に少しガミッている、やんごとなき者より。
Posted by やんごとなき者 at 2011年02月09日 15:09
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。