2015年02月27日

切粉






鉄の削る量が多い仕事が多い仕事が続くと機械がこんな風になってしまいますね~
削るのはいいのですが、掃除が大変です、チクチクしますし!


パッと見てわかる人にはわかるかと思われるのですが。
NVのバイスを1年前ではありますが、こいつに新しく変えました

北川鉄工のVE125LWNと言うやつです

こいつ、中々味なバイスでして、 低床で口金がコンパクトな割には開きが大きいのです(400開き)
そしてちゃんとしたマシンバイスですので、浮き上がりも少なく精度も抜群でとても重宝しております。

5番のマシニングに相性がとてもよい憎い奴です。 バイス自体の長さが600ほどあるので
Y500のマシニングでも若干オーバーハング気味ですが!


しかし、大は小をかねますが、 色々とその分不便な事もあります

まず、バイス自体が長いので 固定口金が相当Y方向の奥に行ってしまいましたので
付け替え仕事がかさなると、結構奥までワークを持っていかなくてはいけないので足腰が痛くなります(^^;

後は、テレスコカバーが相当長いので、切粉つまったりしよく外れたりします。
マメな掃除が必要ですね~バイス自体の面積も広いですから


しかし、そう言う手間を差し引いてもとても便利なやつです

こう言う使いやすくて性能の良い道具はコツコツ投資していかないとですね~









◎◎ 株式会社 東大阪技研です ◎◎

弊社はマシニングセンターによる機械加工を得意としております
材質は、アルミなどの軽金属から鉄、ステンレス、チタン、樹脂と幅広く対応可能です
精度の要求される部品から、3D形状の三次元加工、5軸加工機による高精度な多面加工
少量多品目をメインで対応しておりますので、削りだしの試作品、小ロット部品
加工でお困りの事がございましたら是非一度お問い合わせ下さい。

TEL 072-875-6201
FAX 072-875-6202
MAIL info@higalabo.jp

担当 的場までお願いいたします

◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎

  


Posted by 東大阪技研 担当的場 at 09:40

2015年02月24日

でかいの

なんだか寒くなったり暖かくなったりの気候になってまいりました
それはそれでいいのですが、実は工場の温度管理が大変だったりします。
暖かい日はガンガンにエアコンが効いてしまって暑く、設定を下げてしまって
寒くなってきたらなんだか肌寒い、と言うような。

工場の精度管理の為に、測定室と加工現場は連休などを除く24時間
空調を稼動していまして、温度管理は常に意識しているのですが
季節の変わり目はとても難儀しております

もし、願いが1つ叶うとするのならば
TOTOBIGが当たりますように、などの贅沢言いませんので
日本の気候を常に5.6.9.10月にしてくださいと願います。

贅沢にももう一つ願いを叶えてくれるとなれば
ケチりすぎてズルズルになっていてそろそろヤバイ自家用車のタイヤが
朝起きたら新品になっていますように、と願います


そんな話はどうでもいいといたしまして


機械加工屋さんによって
加工するサイズの大きい小さいの範囲の感覚って全然違うかったりします

門型5面屋サンからしてみれば 1メーター角は小物で
微細加工屋さんからしてみれば、 8センチ角は大物
と言ったような感じでしょうか (これはあくまでも私の客観的な意見です)

ではうちは?といいますと

大体のマシニング加工屋さんがメインとしております5番のサイズが主流となってります
(5番とはY軸のストロークが500mmと言う事です)

そして、小物用や数モノ用に4番の機械をメインで使っております。
うちの5軸加工機は Yストロークが500のテーブルが500丸なので 5番と言う事になります。

弊社のテーブルのマックスのストロークの70~80%のサイズが大きい品物と言うイメージです

大体 450×600~700 mm ぐらいのサイズとなると、うちでは結構大きいです

じゃぁ大体いつもやっているぐらいの普通のサイズは、と言われますと
手のひらサイズの大きさから、 200×200mm ぐらいが 普通ぐらいです

小さいのはどうなのよ、と言われますと、だいたい 10×10mm角ぐらいでしょうか。

上記は あくまでも縦横幅のサイズですので、 これが厚みにもよってかなり変わってくるかな、と思います。

弊社ですと、 大体3~60mmぐらいがよく扱っております厚みですが

うすいので1mm 厚いので 200ぐらいまでは加工対応実績があります

なんでこんな事を書いたか、と申しますと
ご紹介やブログHPなどからお知り合いになりますお客様に
どれぐらいのサイズが得意ですか?やどれぐらいまでいけますか?
などのご質問を良く問い合わせ頂くので一度ここに書いておこうか、と思いました




この写真で 大体サイズが A5052 200×300×350ミリ ぐらいだったかと

このサイズはどうなの?と聞かれますと

結構でかいめで、厚みもかなり厚めで

気合は、結構入るレベルとなります。



う~んなんかややこしいですねぇ
精度や重さ、材料によってもサイズで異なりますのでどう説明したらいいのか・・・

活字や口頭で説明するより、写真をみていただいた方がわかりやすいかと思いますので
うちでは結構大きめだな~ と言うのがありましたら、マメにサイズと写真をアップしていきます





◎◎ 株式会社 東大阪技研です ◎◎

弊社はマシニングセンターによる機械加工を得意としております
材質は、アルミなどの軽金属から鉄、ステンレス、チタン、樹脂と幅広く対応可能です
精度の要求される部品から、3D形状の三次元加工、5軸加工機による高精度な多面加工
少量多品目をメインで対応しておりますので、削りだしの試作品、小ロット部品
加工でお困りの事がございましたら是非一度お問い合わせ下さい。

TEL 072-875-6201
FAX 072-875-6202
MAIL info@higalabo.jp

担当 的場までお願いいたします

◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎



  


Posted by 東大阪技研 担当的場 at 02:55

2015年02月19日

MASTERCAM

どうも、少し早い目の更新となります。





去年の中ごろに、社員さん用に弊社で使っているCAD/CAM
MASTERCAMを1台増やしました。
と共に、バージョンをX8にアップしました。

そして、一台、私が使う分のマスターに
マルチアクシスと、ポートエキスパートと言うオプションを増やしました

マルチアクシスは、基本的に同時5軸のパスを出すモジュールで
ポートエキスパートはその中でも ポート形状の中繰り同時5軸加工の荒取りから
仕上げまでを綺麗に簡単に出せるようになるオプションとなっております

すこし専門的な話になりますが
マスターは、実は割り出し5軸加工まではレベル3と言うバージョンで対応可能なのです。
ポストは、専門の業者さんに自社の使い方と機械に合わせて作りこんでいたく必要がありますが。
最初は割り出しでもアップが必要かと思っていましたので、意外にお得感があります。


まだ出たばかりのバージョンですので、大変な不具合などはないのですが
細かいバグなどもあります、しかしX7から考えると色々な操作の体感速度や
今までに無かったような加工パスも増えておりまして
かゆい所に少しづつ手が届くようになってきたような気がしております。


操作性がまた若干変わってしまいまして、まだ操作に手間取る部分がありますが
それを補うぐらいの演算速度のアップと優秀な加工パスでなんとか頑張っています^^;






実際の製品の3D画像をお見せできないのが残念なのですが
これがポートエキスパートで出した加工パスです



また見難くて申し訳有りませんが、これだけの選択項目で
荒から仕上げまで、中々綺麗で動きの良い滑らかなパスを出してくれます。

去年のJIMTOFで、ソフト屋さんに、ポート入れたの御社が初めてじゃないですかね
って言われたのは、嬉しいのかなんなのかよくわからないここだけの話です。
以外にポート加工って無いのですかね~~? 確かに入れて半年たちますがまだ数回しかやっておりません。

でも、やれるとやれないでは大きく違いますし!
やれないよりやれた方がいいに決まっております。


このような感じで少しずつ、付加価値をつけながらがんばっていきますのでよろしくお願いいたします。








◎◎ 株式会社 東大阪技研です ◎◎

弊社はマシニングセンターによる機械加工を得意としております
材質は、アルミなどの軽金属から鉄、ステンレス、チタン、樹脂と幅広く対応可能です
精度の要求される部品から、3D形状の三次元加工、5軸加工機による高精度な多面加工
少量多品目をメインで対応しておりますので、削りだしの試作品、小ロット部品
加工でお困りの事がございましたら是非一度お問い合わせ下さい。

TEL 072-875-6201
FAX 072-875-6202
MAIL info@higalabo.jp

担当 的場までお願いいたします

◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎
  


Posted by 東大阪技研 担当的場 at 04:13

2015年02月18日

今年からは・・

ご無沙汰しております、更新が非常に滞っておりました。
言い訳ではないのですが、毎日更新しなくてはと心では思っていたのです
本当なんです、言い訳ではないのですが。。。

皆様、あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします

世界のブログの中で最遅の年始の挨拶だと自負しております。




5軸加工機を導入して、はや1年以上が経ちまして
ありがたいことに殆ど電源を落とさずに稼動させていただきました。
その間も少量多品種のお仕事からそこそこ数量のあるような5軸向きのお仕事を
頂きまして、自分のスキルアップと同時会社の技術力のアップにつながっております。

去年の夏に入社した社員さんも、日々実力が上がっておりまして
忙しい時は弊社の縦型マシニングを2台同時に扱って色々なお仕事をお願いしております。


ブログの更新が遅れた言い訳ではないのですが
去年1年は、会社の内部的なパワーアップに力を入れておりました。

そして、今年からはそれらの会社のパワーをアピールしたいと考えております。

今年からは、とか言っておりますがもう2月半なのですが
それぐらい気合が入っていると言う事でご理解頂けるとありがたいです。



今、会社のHPを新しくする事を計画しておりまして
それと同時に東大阪技研のアピールもブログで頻繁にしていきたい次第であります。


最初は、毎日更新してやる!と考えていたのですが
先週には、いや、3日に一回ぐらいが丁度いいでしょう、と考え
おとついには、ん~~? 週一ぐらいが一番確実なのでは?と思い。

今これを書いている段階では、やっぱり月1ぐらいがベストでしょ
 と頭の中のもう一人の自分が語りかけてきておりまして

・・・・・


ということでありまして、出来れば3日から週一ぐらいで何か会社のお話を更新できればと思っております。
更新頻度を上げるので、一つ一つの記事が少しあっさり目になるかもしれませんが
これからも、よろしくお願いいたします。






割り出し多面加工のプログラム作成画面です。

リトラクトが尋常じゃないですが、試作の単品モノなのでそこは突っ込まないであげてください・・・




◎◎ 株式会社 東大阪技研です ◎◎

弊社はマシニングセンターによる機械加工を得意としております
材質は、アルミなどの軽金属から鉄、ステンレス、チタン、樹脂と幅広く対応可能です
精度の要求される部品から、3D形状の三次元加工、5軸加工機による高精度な多面加工
少量多品目をメインで対応しておりますので、削りだしの試作品、小ロット部品
加工でお困りの事がございましたら是非一度お問い合わせ下さい。

TEL 072-875-6201
FAX 072-875-6202
MAIL info@higalabo.jp

担当 的場までお願いいたします

◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎


  


Posted by 東大阪技研 担当的場 at 05:14Comments(0)