2012年02月07日

好みの問題

なんかうまい話ないんっすかね

=================

更新が滞っています・・・・
1月から、お陰様で家に帰れないレベルでバタバタはしておるのですが
守秘義務が厳しいお仕事や、公には今の段階では出しては行けない様なお仕事が、多いのです。



そんなこんなの言い訳がいつも多い東大阪技研ではありますが
余りにもブログネタが無いので、ちょっとした小話を



~~~~~~~~~~~


ツールパスは好みが会社や人によって色々あると思います。

納入先に指定されたりする事もありますよね!


僕もコロコロと自分の中ですきなパス目が変わります。






たとえば、かまぼこを逆さにした形状




このようなスタイルが、一般的なのでしょうか? 

しかし、気分的な物なのですが、最近は使いません

今のトレンドは



急斜面領域のこれと



緩斜面領域のこれで




こんな感じがトレンドです


出来たら、緩やかな三次元形状以外は、Z軸は固定でXY指令で動かしたいのが今の心境。
(旗をなびかせた様な形状は、別ですが・・)
2.5軸が、エンドミルにも一番良いし、機械にも良い様なきがするし、精度も良い様な気がする。
(これも、機械によって癖も違いますし、ほんと理由は?と突き詰められると、無いので言えません)


ほんと理由は、特にはありません。何か心のなかの小さなコダワリです



このパスにすると、緩斜面領域と急斜面領域の、ボールの周速帯を変えれますよね~!

やはり、ボールエンドミルで、尚且つ大径になればなるほど、周速一定で削るのはとても疑問に思うからなのです。


こう言うの、小さなこだわり、と言うのでしょうか?


しかも、こだわりとか言いながら、面倒なので、回転数は実は変えていません。
理由は、面倒だからです、後、急斜面領域は回転数が下がっちゃうので、送りを下げなければいけないですし・・


ただ、格好良く、使い分けています、とか言いたかっただけなのです。


それだけ  


Posted by 東大阪技研 担当的場 at 22:05Comments(12)