2011年12月02日

もう年末なんですね って去年もゆったなぁ

油のしゅんでる奴を腰巻にすると、ダニで太ももがかいかいになってしまう

ドンゴロスあるある

=================


もう12月なんですね、さっき気付きました。

もう世界で聞き飽きたランキング2,3位には入っている言葉だと思いますが

い、一年はやいでんなぁ~ 


毎年、12月の月締めだけに限って、黒字だと家ですき焼きをご褒美として食べます。

赤字だと、水炊きです

どうしても年に一度のすき焼きが食べたいので、頑張るのです。

いつもは、マンダイでお肉を買いますが
年末だけはラッキーの中の上ぐらいのお肉を買うのです

12月の月商目標、8600万、頑張るぞー!

そしたら来年は一年働かなくて済みますからね。
いや、2,3年いけそうですね~

ですので、マシニングの時間チャージが、25万6千円ほどになるお仕事、お待ちしております。
出来れば真鍮か303で削れる量が多くて精度がうるさくなくて数があるやつがいいです。

わがままは言いませんので!







~~~~~~~~~~~


そんなアホみたいなお話はそれぐらいにしまして





お知り合いのご紹介で、メガシンクロタッピングホルダを買ってみました。

やはり大昭和エンスーの私としましては、前から気になってはいたのですが
中々購入までには至りませんでした・・・

しかし、お話を聞いてみると、本体もコレットもお手ごろ価格、、と。
しかもタップの持ちが全然違う、との事です。


確かに、構造上理に適っております。

作りはシンプルで、シンクロアジャスタでスラストと同期の誤差を解消しているのですね。

これを使うまで、あまり深く考えていなかったのですが
よくよく考えると、タップ自体にも形状公差がある訳ですし


いくらリジットタップが効いていたとして
エンコーダーで回転数とサーボを同期させているとは言え
絶対に若干の誤差は否めない。

この機会の誤差とタップの誤差、これを解消できれば、本来のタップの性能を発揮できるのかな?と


使ってみた感想 「と、とてもGOOD」


304にM5を250穴ほど立てましたが、まだまだいけそうです。



これからは、タッパーはこれを揃えていこうと思います


なんたって、 EMUGEのライセンスなのが良いではないですか。かっこいい~





そして、もう一つ   コンタクトグリップタイプのスローアウェイを購入してみました。




二面拘束で、社外製のヘッドをつけれるのが、探した限り日研しかありませんでしたので
本体をメジャードリームにしてみました、NBTもBBTで使えるとの事でしたので。

減衰効果?はあまり期待しておらんのですが、これだけツンツンの突き出しだと
条件もガブガブ上げれそうですし、刃の持ちもよさそうです。

特にウチみたいにピーキーな40番主軸にもよさそうです。

一ヶ月前ぐらいに買ったのですが、、それ以来使う仕事がこないので、テストカットがまだなんです・・・
使ってみたら、感想を書いてみますね(汗

本当は304をブヒブヒ行きたいですが、、とりあえずはSSを激ブヒらせてから、考えるかぁ~

やはり50番の機械を買うのがとても難しいので(金銭面でも、設置面でも)

とりあえず今の設備で、どれだけ激にブヒらせれるか、ですねぇ~

====================

最近 削りネタが少なかったので、最後にちょっと業務報告を






少し前まで、 304祭りが始まり、ひそかに終わっていきました。







304は、ゴシゴシ削るのが大変ですが、削るとピカるので、癒しですね~
削っている時は、地獄ですが~



そして、 ひそかに真鍮祭りが始まり、ひそかに終演へと向かっております











次は何祭りが始まるのでしょうか~!?!? 楽しみです。


来週は、アルミの小祭りが始まりそうです~


  


Posted by 東大阪技研 担当的場 at 21:35Comments(12)