2011年07月31日

たまには関係無い話


江川は空白の一日に、何をしていたのだろうか

ゲーセン?

==================

今日は嫁がある事情で入院していて退院しましたので、お仕事は休みました。

とか格好いい理由ですが、まぁ実際は仕事が薄いんですけどね~




生まれも育ちも職場も東大阪な私ではありますが
その中でも非常にニッチ~な鴻池と言う場所に住んでいます。

歴史とかで習った事も有るかと思うのですが

あの 鴻池善右衛門のその、、、あれですわ確か、、うん、あれもんです。



その嫁の入院していた病院も、地元も地元の病院です。
その病院の隣で、同級生の両親がタイヤキ屋やってまして退院まで時間があるので、タイヤキ食いながらだべっていたのです・・

その店の壁に、とてもええモノがかけてありました。






多分 オッサンとオバハンは、店の雰囲気を出したいから深く考え無しで掛けているのでしょうが
とても胸にしみる、なんか頑張ろうと思えるような気持ちになりました。

と言うか、本当は誰しも心の中ではこの二つの言葉の意味は言われずとも
解っているのだろうけれど、なんか人に言われると、又違いますよね~




後、鴻池には 僕の友人で同級生に、 近松門左衛門の本当の子孫がいるのですよ。

祖父の家の蔵に、なんか色々古い人形とか巻物が昔は置いてあったらしいのですが
ばぁさんが大掃除の時に汚いし邪魔だから全部粗大ごみでだしてしまったらしいのです。

それって国宝やないのん?知らんけど


などとたまには地元のお話  


Posted by 東大阪技研 担当的場 at 23:39Comments(6)