2011年07月06日

前向きに鉄を削るのです


ドギーマンハヤシ

==================


6月は、本業のネタが少なかったと思います。

多分、仕事量と、色々な人との出来事と、自身の精神衛生上の問題だったと思います。

ここは何のブログだったか?

企業?集客?個人?


あ、確か、あれですよ、東大阪の下町の金属加工屋のブログです。



そろそろ基にもどそうかなぁ、と、色々考えるのも、あれですし、


まずは工具ネタ





ノンコートのロールタップに、謎の怪しいコーティングをかけてみました
(見る人が見るとばればれですが、ご愛嬌で)


最近うちに出入りしておられる、ダイヤモンド工具屋さんが、
コーティングも請けおっている、と仰るので、じゃあやってみてよ、と。


VP、Xパフォーマなどと、色々ロールもバリエーションが増えてきましたが

何故、前々からこのコーティングが無いねん、と不満タラタラでした。
あんまり意味が無いからなのか?とも思っていました。


しかしどうでしょう、結果は至って良好。
タップがネバイネバイ6063でも、エマルジョンでピカるではないですか。

溶着も、滑りが良くなっていると思われますので、問題ないでしょう。


61.17.75とかならエマルジョンでも十分ピカルのですが
どうも52.63とかなると・・・あれなんですよ。





そして加工ネタ


久しぶりに、鉄をブリブリ削りました



両頭で削ってるのかなぁ?6F精度が、ビシビシでした。

2面はプラノかもしれませんが、、、、6Fも奥が深いですね。

しかも、お客さんが材料取りを間違えてしまいまして(金曜日午後)
即効で連絡入れたら、土曜日のお昼には適正サイズの6Fが出来上がっていました。

土曜日もやっている鋼材屋さん、あるのですね。びっくりでした。
お客さんに聞いて、ウチも紹介してもらおうと思っております。

数もそないに多くないので、ソリッドでゴシゴシ下ろしました。



50Cですんで、刃持ちはあんまりよくなかったです
SSだったらよかったのになぁ、焼けないからもっとV上げれますし。
ソリッドとスローアウェイの費用対効果の絶妙なラインで悩む日々です。



この後・・・形状はベラベラなので、、、殆ど切り屑に変わるのですが・・
形状はお見せできないのが残念です^^;


ですがしかし、この削り方、早いし効率はいいのですが、とても難がある









針のように突き刺さる、とても痛い痛い、その上引っかかって掃除がし難い切子が
ジャブジャブでます。ふわふわなんで、とてもかさ張ります。。はぁ

高効率切削なので、切削距離が時間の割りに多すぎて、ちょっとした時間で
マシニングの中が、鉄の焼けた針の切粉のプールです。

おかげさまで、手はビシビシに傷だらけになりました、本当によかったですね



しかも、、、ダライ缶2杯分の鉄の切り屑・・・・・どうしようもないやん



朝会社に行ったら、真鍮かSUSに変わってないかな~  


Posted by 東大阪技研 担当的場 at 01:09Comments(7)