2011年06月23日

どうも鬱っぽい


トラッキー君の中の人の情報が解るのは大スポだけ!


====================


昨日の昨日、夜中に腎臓結石で夜中に病院に運ばれました。
仕事が殆どないものの、段取りの仕事があったので仕方なく鎮痛剤処方後仕事。。

相方のの高居職長もお子さんの何日も引かない謎の高熱でダウン
(細菌性のウイルスだったみたいで、抗生物質投与で一安心)

そして、10月まで予定が合った、ロットの品、予約あったにもかかわらず来月から半減。
どうも情勢不安の煽りをついに受けたみたいです。
普通のロットでギリギリセーフかギリギリアウトぐらいの単価のお仕事だったので。
半分無くなるとヤバヤバ、と言うか激ヤバモード


先程、うちの会社の内情を心配して、オダ工作室社長から連絡。


「自分と家族の体調の管理や病気だけは、どこまで行っても拭えない不安であり壁ですね」
とオダ社長。 本当にそうなんです、これだけは、なんとも、ならない。。


体調の悪化と会社の不安定さがクオーターパウンダーの様に重なり、結構なレベルの鬱モード突入


結構今までも躁鬱激しいですが、起業してから最大級のビックウェーブが到来です。
マンモスノリピーの旦那なら迷わずこの波をキャッチする事でしょう。
僕はあいつ嫌いなんですけど。



何をグタグタ言っても仕方ない。もう6月の末。
今年半分を乗り切れたんやから、7月からの新しい出会いや仕事に期待。
と、キマッタ時の押尾先生の如く無理やりに躁に持って行く。
あんまり色々な事同時に考えても、仕方ないですもんね~


今日はそろそろ仕事を置きます。アルカディアの高野社長が遊びに来られます。


たらふく酒のんで、社長に元気を貰ってきます。


  


Posted by 東大阪技研 担当的場 at 17:04Comments(0)

2011年06月23日

出会い、そして希望、夢


日本タングステン、日本鍛造、両社、略して  ニッタン

=====================


仕事が無いと言うのは地獄に等しいそのそれですね。

どん底から起業しましたので、蓄えも無く
一寸蓄えたのも二台目の機械の頭金で全て飛び。

夢希望を願い、かなり無茶をして入れた二台目のマシニング
よっしゃ!これからが本当の勝負やがな!と思った矢先
年末に300万円の未払いを起こされて今も尚払ってもらえないと言う
マジでいけてる弊社の財務内容。しかも量産の仕事が決まったから機械入れたのに
入れた瞬間にその量産の案件がストップと言うヘレンケラーも真っ青な三重苦。


止まったら死ぬ魚のような弊社
この不況に何もなしでゼロから始めたんだ、やるだけやれたなら悔いは無い。
もう終わる覚悟はいつでも出来ていますよ。



と言うとても刹那的な風刺が良く似合う弊社、実は自分でも気に入っていたりします。



そのような、AKB総選挙1位の是非を問うか
ゴージャス松野の収入ぐらい、どうでも良いお話は置いておきまして。


皆様いかがお過ごしですか?

僕は、生きた心地がしません。





などと言う、この記事を見た人が苦笑いしてスルーするしかないような
ブラックなジョークはここら辺りにして置きまして。



明日は、半月ほど前から楽しみにしておりました
有限会社アルカディア の 高野社長が遠く東京から東大阪まで遊びに来てくれるのです。


技術も人柄もとても素晴らしい社長です。

苦しいながらも、時代に、人に負けずに前向きに頑張っておられる社長から
色々吸収しなくてはいけません!今相当僕が鬱なので、本当に助けられる気持ちです。


何もなしで始めて、何故頑張れるのか?
夢は、どこまで人間を強く出来るのか。
金は、人を弱くするのか、強くするのか。
この業界、何も無しの人間はどこまで通用するのか?
これから先、日本でモノを作って飯を食って幸せになる為には
どうしていかなければならないのか?

短い時間かもしれませんが、余す事無く思いを話してみよう、と考えております。


とりあえず、今状況は最悪ですが、自分に活を入れます。
本当に何も無かった時、始めた時のあのマジな気持ち、今は薄れています。
金と時間と現実に、縛られまくっています。

本当にゼロだった時、もっと強かったはず、何も無しでも怖くなかったはず。
得意先も仕事も無かった時、常に当たって砕けろの精神があったはず。


正直、今は、起業した時のように飛び込み営業するのも怖い・・・テレアポですら、恐ろしい。
「どうせ相手にもしてくれんだろう」 「時間がもったいない」と


明日、そのゼロの真っ白の気持ちを思い出せるような気がします。




そして、もし会社経営が失敗した時は
胡散臭い自己啓発経営セミナー始めて儲けようと思いますので
皆さんよろしくお願いしMAXね




  


Posted by 東大阪技研 担当的場 at 00:32Comments(10)