2011年06月15日

6/11 その2

ジュリーを見てセクシーと思うかどうがで年代が大体バレル

=====================


ブログ掲載記事取材後、夕方に、あの人工衛星まいど一号で有名な
株式会社アオキ様 に伺う事になっていました。

最寄り駅、東大阪高井田で 関東のメンバーの方と待ち合わせです。

合流して直ぐ、もう我慢できずに近所のコンビニの喫煙所にダッシュ。
それは緑川社長、伊藤社長、僕の3人です。

出来るだけ人に迷惑を掛けないいヘビースモーカーになりたいのです
(まだ現在進行形?? 非喫煙者の皆様、頑張ります)

少しの喫煙中、とりあえず、 アレ(小指)のコレもん(腹)の話題に。
もうそろそろ、出てきてしまうんですよ。。と僕

産休に入るので、もうヒモの生活が出来ないので、結構ヤバイ、と これはマジな話。
(それぐらいウチの会社は厳しいです、単価の良い真鍮のお仕事お願いします)


そして、アオキ様の工場に突撃です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(工場の内部のお話は書いたらヤバイ内容もあるのでショートカットさせていただきます)


これだけの新旧設備が有れば、怖いもの無しだなぁ~、と見ていて感じます。


そして、青木社長のTV取材のビデオを数十分見て、青木会長と初対面となりました。


顔がニコ~~っとしていて、恵比寿顔の徳の高いオーラを感じました。

(あぁ、僕が中学生の頃、テレビCMに出ていた、あのオッチャンそのものやぁ)


あの有名な、尋常やないガラガラ声で、喉をゴロゴロさせながら青木会長は
自社の今までとコレまで、そしてこれからどうして行きたいのか、これからの人達にはどうなって欲しいのか、熱くお話して下さいました。


(この辺りも、公にでたら今はマズイような内容もありましたので、この辺りで!)


僕は、生まれも育ちも東大阪です。

特に、僕の中学校、母校は、東大阪の中でも、あの有名な東大阪機械団地の中に有る学校です。
生まれた時から、学生の時、今でも、常に回りは機械と工場とトラックだらけだったんです。




一つ、とても印象に残ったお話が有りました。


ある、お知り合いが会長に言った一言

「アオキさん!今まで、東大阪で働いている、住んでいるって人にはずかしくて
よぉ言えんかったんよ、泥まみれ、油まみれ、人気の無い工場の町やから・・と」


「でも、今は胸を張って言えるんよ!東大阪で働いて東大阪に生きている!と
 あの人工衛星を作る町やねんぞ!すごいんやぞ!東大阪は! と」

そのお話を、涙目になりながら、いや泣きながら語っていました。


・・・・・きっと、辛い事、とても辛い事。。。。
 評価、賞賛、賛同、、、してくれる人もとても多いプロジェクトだったのだと思います。

しかし。 妬み、批判、噂、決別、、、計画を進めるためには色々な辛い事が有ったのだ、と。


計画を企画した時から、打ち上げまで、それがどう言う思いでありどう言う気持ちでどう言う形になったのか。。。

アオキさんの涙、震える声、、、それだけで全て伝わるかのように、、感じました。


僕は東大阪が好きです。


しかし、子供の頃、あのまいど!まいど!の丸顔のオッチャンがいてなかったら・・・・・

東大阪が好きだったのか・・・僕はモノを作る仕事に就いていたのか・・解りません。

東大阪技研を、設立していたのか・・・解りません。




もし、もしですが。

これから弊社が成長していき、自分の夢や理想。
これからの子達や次の世代の何かになれたとしたならば。

僕が子供の時に見ていた、あの目のギラギラした夢希望に満ち溢れている
丸顔のオッチャンがいたから、なんじゃなかろうかいなぁ??と



  


Posted by 東大阪技研 担当的場 at 21:48Comments(3)