2011年06月01日

高速加工

友達にゲイがいます

==============


加工には遊び心も大切



ついに私的場の担当のアルミ加工が一息つきました。

まちに待ったクロモリ(SCM415)の加工ができるんです、




今回の仕事は、似たような形状が今までも多く。

荒取りを、最初は高送り(HIFEED)でゴシゴシ削り。

その次は、低抵抗ブレーカでガリガリ荒とってみたり。


いつも荒の最適化を求めて遊んでいます。


何事も挑戦が大事。

今回は、最近よくウチのブログにも書いております、ソリッドでの高速加工での荒取りを行いました。







音量に注意下さい。


アルミじゃないですよ~~◎鉄です鉄



動画の加工の条件は

D=10 S12000 (V=377) F12000 Ae=0.1d Ap =1d
での加工となっております。


いつもは、生のクロモリですと、この手の加工はV=80~150 ぐらいで削るのですが

なんか送りと回転をDJのようにガチャガチャしているうちに、こないなってしまいました。。。

僕自身、鉄を377メーターまで上げ削ったのは初めてです。。。
(SSや45Cならまだしも、SCMですし^^;)


遊び心で、火花が散るか折れるかしたら止めようと思っていたのですが
ジョグでひねれる限界がこれぐらいでしたので、コレ以上は単品ですし止めときました!

どうもコーティングの進歩と切削抵抗の低い切れ刃形状も相まって
鉄の生材なら青天井に近いですね!

ワークのクランプをしっかり固定し、超圧のエアー(7Mぐらい?)に
超微量のオイルミストを乗せきっちり刃先に供給できたら
450メーターぐらい軽く回せそうです。



なんだかここまで来たらソリッドとスローアウェイ
どちらが効率いいのか解らなくなってきますねぇ^^;



いつも試切削して遊ぶ時は、折れるまで走らせるようにしています。

お金ほかしているように見えますが、確実に身になっています。

工具の損傷も機械の損傷も多いですが、
中々今の現状の最高条件を出すのが楽しいし止めれません。

工具切削条件表や理論値だけでは見えない世界もあったりしますもんねぇ^^;

楽しくなくちゃモノ作りではない。



わしら削り屋、けずってなんぼなんぼやで☆

とか格好良い事いっちゃったりたまにはさせてください。





あらら、一般公差だからどうでもええんですが、精度も大満足^^

近代の日本の工作機械の技術に乾杯ですね~☆☆  


Posted by 東大阪技研 担当的場 at 00:04Comments(6)