2010年12月27日

もう年末の末ですね~


大桃と麻木 どちらもイケるから迷うな~


========================================


早い事でもう12月の末になってしまいました。


僕的にはまだ、10月の中旬ぐらいなのかと思っていましたが
何やら浮世だったアベックがチラホラ、キリシタンでもないのに
近所のラブホテル街をうろちょろしているのを見て

「あぁ、もう年末か~」

と思ってしまうほどに、自分も大人になってしまったのかと思うと寂しくなってしまいます。





最近何かと忙しく、中々ブログをキチンと書くことが出来ないでいる最中

ついに今まで怖くて頻繁には手を出していなかった材料に手を出してしまいました。


SUS316


なのですが、316まではいいとして、その後にLとかちょっとお茶目な記号がついている材料。


SUS316Lと言うやつですね~ Lはローカーボンを意味します。


カーボンが少ないとどうなる?と言うと ネバネバですね~。


どれぐらいかというと、オクラぐらいネバネバです。

ですので、オクラをエンドミルで切削できる人であれば、間違いなく316Lも削れるはずです。



周りからローカーボン材の怖さを教えられビビリ倒していたのですが

仕事も薄い上、来年も不安がかなり沢山ありますので。
とりあえず触ってみる事に。






やっぱりネバイわぁ~ エンドミルが一本天に召されました。

関係ないですが、段取りのミスでスローアウェイが千切れてしまいました。



知ってましたか?スローアウェイのスクリューって千切れるんですよ

ブリンって気持ちよく千切れます。

嘘だと思うのなら、KENさんに聞いてみてください。




そんなこんなで四苦八苦しながらも、なんとか完成させることが出来ました。


コツを掴めば、何とかなるもんなのかな?とか考えて見たり。


これからは難削材にももっとチャレンジしていかななりませんなぁ~

とりあえず時間を作って、インコネルの初級材から触ってみるかなぁ。。。


  


Posted by 東大阪技研 担当的場 at 01:53Comments(1)