2010年11月29日

すごいぞ!製造業!


いつの間にか去ったオネェマン系ブーム


====================

どうも、東大阪市南鴻池町5丁目在住のアラサー美魔女こと的場です。

コラーゲンで、お肌プリップリ♪
週末はマチコとヨシエとまさのぶとヨーガレッスンとアーユルヴェーダーでリラックス♪



とか、キャンドルジュンの年収と広末の両親の不安ぐらいどうでも良い事は置いておいて



この度、製造業応援ブログ 「すごいぞ!日本の製造業」のyamag様から弊社にメールにてご連絡を頂きまして

http://higalabo.dgblog.dreamgate.gr.jp/e76634.html

9/20日の記事 「日本は高い?」を取り上げていただく事になりました。


http://www.sugoizo-blog.com/2010/11/post-81.html

最近、上品過ぎるぐらいの内容ばかり書いておりまして、あまり人にお見せするのが恥ずかしく
妹と母親にはこのブログをやっている事はマジでナイショにしているのですが
梨本的にはとても恐縮であります!


yamag様の 内容に対するコメント


「モノの値段には理由がある。
高いか安いか判断基準はひとそれぞれだけれども
材料費や人件費など目に見える部分だけで判断するのではなく、
製品を生み出した開発技術者の思いやノウハウなど目に見えない部分も
製品の価値として評価するべきではないだろうか。

今回は、㈱東大阪技研 的場様のブログ『ひがラボブログ』からご寄稿頂きました。」



と、僕の言いたい事の100パーセントを書いてくださいました。


僕の記事では多分20パーセントしか伝わっていませんでしたので、本当にありがとうございます。



これから日本の製造業をキャバ嬢か友人の吉田君の彼女ばりのヘアースタイルぐらいに
盛上げて行きたい僕としましては本当に嬉しい限りでございます。





それでは、年末恒例 「思ってもいない事を言葉にして元気になろう」シリーズで締めくくらせて頂きます。







「ジャニーズ大好き! でもぞうさんの方がもっと好きです。
  あ、いや、それよりもデヴィスカルノの方がもっと好きです!」



  


Posted by 東大阪技研 担当的場 at 03:39Comments(0)コラム

2010年11月28日

加工技術懇親会

海老蔵の嫁のしたたかさ


=====================



11/28に前の記事のBBQのメンバーさん達と大阪梅田で加工技術懇親会を開催いたしました。

何故か今回の幹事は僕


色々と深い話をし、交流を深め、日頃溜まっている経営的な鬱憤も口に出しスッキリです。

(その後 酔っ勢いで違う意味でスッキリする店には行ってませんから)


KEN-ICHIMURAさんは起業に向けて悩んではります。
資金繰りに悩んではるみたいで、どうも工業団地を回りダライ粉を集めて資金を集める計画だそうです。
僕は、止めとけ、と言いました。

アラキさんはアラキさんでした、ロンゲでした。

マキノさんは本当に情有る、僕の知り合いの中でもトップクラスの常識人であります。

サークルさんは、やっぱりフリーダムでした。

メカトミーさんは、余りお話は出来ませんでしたが、遠方から大阪までありがとうございました。




二次会で、何時もの如くサークルさんとは熱い口論になりましたが
どうも最近自分は、何か酒が入るとムキになってしまうワードがあるみたいなのです。
その話題以外では、温和でクール緩目にに話は出来るほうだとは思うのですが。。。

何の話での話題なのかは、懇親会の方々だけの中にしまって頂ければ幸いです。




週明け、今までに無いぐらいの会社のバタバタが始まります。

それはなんなのか、近いうちにブログにアップしますので宜しくで~す


でわでわ、sengoku28でした~

  


Posted by 東大阪技研 担当的場 at 23:48Comments(1)

2010年11月25日

決まった

前々から実は保証協会に設備資金を申し込んでいました。


それも発端は、たまたま銀行が遊びに来てた時に適当な雑談から。


私「運転資金の追加融資ちょっとだけ借りようか思ってるんですわぁ」

銀「ほぉ、で、借りなあかんぐらいヤバイ?」

私「い、いや~?借りれるなら借りといたほうがいいかなと思って、保険の保険ですわ」

銀「ほぉ」


私「でも、ほんとは機械が欲しいんよ」

銀「ほぉ」

銀「幾らぐらいの機械ですか?」

私「ざっと、中古でも〇〇〇万はするやろうねぇ~とほほ」

銀「ほぉ」

私「こんな決算報告書では協会さんも協力してくれまへんわぁ~とほほ」



銀「・・・・・・・・」


銀「こんだけ頑張ってれば、言うてる金額か、それ以上狙えるかもよ?僕自信あるわ 
使わん運転資金溜め込むんやったら、設備増強勝負してみぃひん?協会に全力でプッシュしてみるわぁ」
   



私「えええええぇぇぇへへ  ほ、ほんまなぁん?」




と、意味も解らず何ヶ月か前に運転資金借りる計画が一転して設備に。


実際、正直の話、うちの初決算は、赤も赤の赤色でした。


銀行曰く。


・九月会社設立してから、一月まで機械が無く、1年間1/4の日数実働していないわけだから赤字は仕方がない

・12月から2月までに工具や設備費用を使いすぎている分が赤字に繋がっているだけなので、後ろ向きではない。

・5月ぐらいから、じょじょにではあるが、数字は確実に上がって来ている。

・儲かっている訳でもないのに、誰が会社を見ても一人一台でオーバーフローしているのは明らかな話

・数字はまとまってはいないが、多角した取引先との付き合いが多い(連鎖倒産の懸念が少ない)



との事で、協会も中々首を横には振らない前向きな融資の案件ではないか、との事。



なるほど、と僕もそれならと、乗り気で協会に申し込んでみる事に。



で、今日協会の審査結果が出ました。


満額100%保証でした、やりぃ~♪




ただ、借りる金額が金額なので、保証料50万円程かかるのは辛いところですが。
独立する時も融資で本当に頭を痛めたので想像の範囲内で納まって実際安心しております。






それよりも、今回の決算が出た時に、この一年を振り返っては、涙が出てきそうになり
色々な人に感謝の気持ちで胸が本当に一杯になります。


辛い事も山盛り有りますが


僕が仕事が無く、どん底でふて腐れていた時

「生き延びればええんや!絶対一年生き残ったら良い事が待ってるから!チャンスが来るまで食いつなげ!」

と自分の会社も状況が厳しいのに、仕事を出してくれた人


訳も解らず飛び込み営業を繰り返していた時、どこも冷たい対応の中
暖かく迎えてくれた今の取引先の人



言い出せばきりが無いですが、色々な人達に助けられて生き延びれた一年でした。



そんな簡単な事に気づくのに、決算書を見るまで忘れていた自分が情けない。

どこか自分一人の力で遮二無二やってきてるんだ!みたいな気持ちもバカバカしくなります。

まだまだ小僧だなぁ~と



あまり感謝感謝と書くと、いら~~~~~っとする人が身近おりますので、あまり書きませんが
(次の飲み会で怒られるだろうなぁ~)


本当にこの一年、助けてくれて 気にかけてくれて 感謝感謝です。


何に感謝かと?


う~ん、自分以外の自分に関わる方々に、です!










とは言っても、はてさて融資を請けるか請けないか
投資をするかしないか。

良い機械に巡り合えるか

はたして良い方向に進むのか


でもでも、確かに、夢には一歩近づく。






ひがらぼ、運命の分かれ道 パート1  


Posted by 東大阪技研 担当的場 at 22:14Comments(4)

2010年11月16日

本音


なんでも家電の名前にグーグルってつければうれるんじゃね?


====================



実際今時の製造業、単価はともかく忙しいときと暇な時の高低差がほんとに激しいかと。

僕がこの商売に足を踏み入れた10年前
景気は微妙ではありながらも、まだまだ底堅く手職もつけれるいい商売だと言うイメージでした。

生きていくためのスキルを勉強させてもらえる上にお金までもらえてこりゃぁ良い仕事だと。



ところがどっこい、どこまでも 「一喜一憂」の言葉がとても似合う商売に早変わり

競馬か競艇かパチスロよりリスキーだろ!? みたいな商売かと(大袈裟だなぁそれは)





この一年、今とは比べ物にならないくらいの不況の真ん中での起業。

とてもいい勉強を色々とさせてもらっています。

得意先も何も無いまま借金だけで始まった前半。

とりあえずは自分なりに色々歩き回り、出していただける仕事をガンガンこなしてました。
何処のお客様も、最初なので当然ではありますが、様子伺い的なお仕事ばかりの日々。

それでもなんとか、ボチボチとは色々なお客さんとも少しずつ呼吸も出来てきたり

ある程度信用の中で出していただいている仕事も出て参りました。




そんな中で、今、起業したときと同じぐらいのレベルの壁にぶちあたってたりもします。



このブログを当初から観覧していただいている方ならば解ると思いますし。

嘘や方便まで謳ってお仕事をかき集めたいとは思っていませんのでアレなのですが。

「機械一台人一人」 のキャパシティの無さが少し前から露呈し始めました。


請けるお仕事よりも、キャパの無さでで断るお仕事の量のウエイトの方が多くなってきています。


せっかく色々と仲良くなり呼吸も出来てきた得意様にも、これではまた息が合わなくなり終わってしまいます。


「なんだよ東大阪技研オーバーフローするぐらい仕事儲かってるのかよ、」
とこれを見て思われる方も居るかとは思われますが。


でも実際、工作機械設備を用いてお仕事をなさっている方なら、解ってもらえると正直思っております。



「機械一台人一人の利益率よりも、機会損失の多さ」




実際に、半年前ぐらいから、色々な先輩や仲間に

「このまま一台一人はヤバイで~」

と言われておりますし自分でもそれは実感しておりましたし。




決算も上がり、もう一度設備投資をし、パワーアップも常々考えておるのですが
どうしても不況の匂いもまだまだ色濃く残る状況でのどうしようもない恐怖と不安もあります



ですがそこでダモダモしていても時間が過ぎて行き、得意先様も過ぎて行き
どないもこないもいかずに、全て失う恐怖と不安もあり、悩みは尽きません。



などと、考えていても時間がもったいないだけだなぁ と結果至りましたので

行動するかしないか決断するかしないかは置いておいて

とりあえずヒガラボパワーアップ作戦をこれから練っていこうと思っております。



などと、たまにはガチなお話

  


Posted by 東大阪技研 担当的場 at 23:35Comments(4)

2010年11月06日

めっきり寒くなりました


衝突事故の衝撃よりも、逃げる日本船の黒煙の量の方がすさまじい


====================

どうも、ダルビッシュです。 ごめんね、サエコ




となどまぁ、齋藤君のプロ加入によりマー君の立ち居地のキワドさよりも
どうでも良いことは置いといて





前の荒取りのようなJIMレポの追記としまして、もう少し思ったことを、と



@ 工作機械メーカーの最新機械が殆どコストダウン一辺倒だった

時代の流れ的に仕方ないっちゃぁ仕方ないのかもしれませんが。。。
確かにモノは良く安いに越した事はない。

ただ、あまりじっくりは見れなかったのですが、リースアップまで持つのかなぁその機械は。

十年前の同じ使用クラスの機械は、値段は倍半分だが未だにバリバリ町工場で稼いでまっせ!

鋳物が良いので、きっとい~物が作れるんですね~


@ 中国の人の人数がす、すごい

中国の人だけではないのですが、すごい外人さんが多かったですね~

修学旅行か?と思うぐらいの大人数の固まりで動いている人たちも多数(50~人程で)

時代のトレンドなんでしょうかそれが、う~んマンダム。



@ 大型ターニング系のメーカー多すぎ。

でかすぎだって



@ OKKのブースがトイレの前だった

とても便利ですね。



@石原の金のかけ方がすごい


ビッグサイト金かけすぎだって~



真面目に書いたつもりだったのですが、どうも一度寺に修行に行った方がいいのかも知れません  


Posted by 東大阪技研 担当的場 at 16:43Comments(3)コラム

2010年11月03日

まじ精度でっからよJIMTOF


土日と東京ビッグサイトのJIMTOFに行ってきました

連休を取っての遠出だったのですが、もう脚がへとへとで休めたのかどうかわかりません

月曜日も朝一からずっと立ち仕事が待っていましたので、もう脚が今でもパンパンです。


さて、JIMTOFレポートなのですが、




あぁ、写真一枚も取っていないんです。。。。

それは何故かと言うと、肌、目、匂い、音で皆さんに感じて欲しいからなのです。

(浮き足立ちすぎて写真取り忘れたのではないんですよ、上がっちゃって緊張していたとか)



とりあえず、行きは東大阪八尾の鉄工所の先輩の人たちと出発しました。

それぞれ見たい物が異なり、到着してからはとりあえず解散。

一服中、ナベさんと会ったのですが、まぁイケ面だったのでお話はそこそこにしてお別れ。

午後から、KENTAさんと合流して、二でJIMTOFを遊びまわりました。
KENTAさんは どれを見ても「これガチってるよ~」ばかり言っていました。

どうも、ポンスとロクロ旋盤の最新型を見に来たのに一台も無いのでがっかりしてまして
僕としてもとても残念な気持ちに。

僕は森精機のブースの、最新型NVX5000のご機嫌を伺いに。

とてもコンパクトになっておりました、全体的に丸みを帯びていまして
精度的な事や角ガイドになった事についての弊害などを聞きたかったのですが
どうも担当者さんがよくわかっていないみたいでして、とても残念な気持ちでした。


あ、パルスハンドルがかなりちっさくなっていました、そこコストダウンせんでええやん。



と探検も程ほどに一度解散して、同行の仲間と合流してホテルへ。

とりあえず品川区の居酒屋で鍋をつつきながら話が盛り上がり
そのまま夜の五反田へ消えていったのですが、

五反田を満喫していると、別の集まりに参加中のKENTAさんから
「まだでっか?席が一つあいてまんで」との電話が。


そこで一度地元の仲間の人たちとは別れ、タクシーでKENさんがいる集まりに飛び入り参加しまいた。
もうほどんど皆様、でき上がっていまして、僕は大人しくスミでチビチビ酒をやっていました。


そして、夜もふけてきまして、皆様次の日のJIMTOF第2ラウンドの為に解散。

次の日も午前中からKENTAさんと合流。
どうもJIMTOF中は常に一緒にべったりでして

タンガロイの技術さんに「ゲイですか?」と聞かれてしまいました。



KENさんは、朝から晩まで僕を笑わす為にボケボケ倒しで、もう我慢も出来なくて
ずっと移動中爆笑してしまい、周辺の方々に
「こいつアホなんか?」と間違いなく思われていたことでしょう。


最後に富士元のブースを回り、ネーミングセンスの良さに関心してしまいました。

特に僕は、面取りカッター 「ジェントル面」 がすきですね~、後Rヌーボーかなぁ

「アルミ侍」の妹分、「ぴんこ」もマジでいけてますねぇ~


あ、もってないし、使う予定もどれもこれも全然ないんですけど。



と、内容が有る様な無い様な無い様なJIMTOFレポはこんな感じです。



では、最後に 不定期掲載 「思ってもいない事を言って元気になろう」
のコーナーで締めさせて頂きます



「2000万円いりません 賞だけ下さい、それかレアアースください」








※最近毎度内輪ネタで申し訳ありません、次こそはまともに書きます・・・・  


Posted by 東大阪技研 担当的場 at 00:36Comments(2)