2010年06月10日

うつくしいくに

日本は美しい国です。

土壌も豊かで、素晴らしい作物も育ち
海に囲まれ、食うに困らないはずなのですが・・・

世界クラスで考えると尋常ではない地震の多さもあり
世界トップクラスの頑丈さを保つ建築物。

資源が無いので、技術で戦い抜いてきた国。

不安な事件も多い中、治安も世界レベル。


偏った考え方なのかも知れませんが、凄い事を成して来た国だ と改めて思います
逆に、それをしないと日本は生き残れなかったのでしょうか。



それが今

日本で培った技術は膨大に新興国に流出し
開発費用無しで日本クラスの同等品が半値で海外メーカーから出る事も

これは本国だけに言える事ではなく
ドイツを筆頭にしたヨーロッパの技術やデザイン、先進性も急激に流出しているとの話です。

どこも自国がマイスターを大切に扱わないから、このような事になるのでしょうか。

同じ人間がする事です、ノウハウさえ積めば可能であります
今やハングリーさ、根性は新興国の方のほうが強いでしょう。
ノウハウさえあれば、後は根性と努力、精神論です。

いまや生産のほぼ(食物~家電、建設全て)を海外でまかなっています。

この何年かで急激に日本は「逆」に全力疾走しています。


安部前首相が言った 「美しい国」 うつくしいくに

これを逆にすると

にくいしくつう

「憎いし苦痛」

になるの知っていましたか?   


Posted by 東大阪技研 担当的場 at 14:23Comments(3)コラム