2010年05月31日

SUSってる?

当社はSUSっております。。

ステンレスと言いましても色々な用途に使われる種類があります。
その中でも一番多い、SUS304 (さすさんまるよん) を加工しておりました

俗に言うオーステナイト系です。


なんと言いましても、合金の中でも かなりネバイ材料です。
言い出すとキリが無いのですが、もっとネバイ材料もあります。

インコネル、ハステロイ、SUS316(これは個人的に)、モネル、ナイモニック など。

ニッケル合金と言う奴です、しかも高価です。

金属だから、硬いのですよ、硬いのに柔らかくてネバイのです(支離滅裂)

また、表現の壁にぶつかっています。

実際、削ってみたら本当に解るのですが、、 
硬いのに柔らかくてネバネバしています

(シモネタではありません)

今回はその中でも比較的難易度の低いSUS304なのですが。。
それでも、って感じです

そんなシモネタチックな材料を加工しております!


※豆知識※

加工屋さんでは、当たり前の常識なのですが。
304に快削が入ると303になります。

SUS303で注文すると、加工屋さんは若干嬉しいです。

ですが、金属全般、快削が入ると溶接が効きませんのでご注意下さいませ  


Posted by 東大阪技研 担当的場 at 16:10Comments(2)

2010年05月29日

僕もそうでありたい



日頃お世話になっている鉄工所でのひとコマ。

日本を支えてきた職人の一人です。
その手から今までどれだけの品物が世に生み出されたのでしょうか



僕もいつまでも製造サイドの人間として現役でありたいです。


若いのも負けませんよ~!  


Posted by 東大阪技研 担当的場 at 00:45Comments(0)モノ作り

2010年05月22日

こんな感じなんです

景気の回復の兆しも見え隠れ致しますが・・・
まだまだ先行きは不透明ですね~!

もっと良い話題を提供していきたいものです。


例えば

当社で製作した、アルミ仮面のデーターを基に、知り合いがこんな可愛いのを作っちゃいました

でっかくなっちゃった! ではなく、ちっちゃくなっちゃった!





光造形です。



接写で解りにくいですが、こんな細長いピンも削りだせるのですよ



2万回転スピンドルが回ると、色々と工夫が出来ます。


そして、働く職人の渋い写真



このように、油まみれになり、様々な機械と格闘し、手をキズだらけにしながら日本の物作りをささえています。


油まみれになりながら働くのも悪くないのですよ。

汗まみれの油まみれの泥まみれのブルーのカラーの襟の作業着
それこそが日本の土台を支えているのだと思うのです。
(当社はグレーの作業着なのですが。。。)


これから新しく社会に出る人達も
建設、農業、製造を見直してみてはどうでしょう!

汗をかいて働き、仕事の後の風呂と一杯は最高ですよ
(18歳はダメヨ)


  


Posted by 東大阪技研 担当的場 at 23:30Comments(1)モノ作り

2010年05月19日

モノを造る

「安い」

そこまでに色々な努力やドラマがあります

「高い」

コスト的に、その品物は それだけかかるのだと思います




望むものは何なのでしょう?



百円で売られているお茶碗

確かにお米を入れるだけの、そのソレです。

しかし、洗っても洗っても ヌメリ的な物が何故か表面についています。

う~ん。 表面をテカらして、長持ちさせる為だけの、人体に良いのか悪いのか解らない物体でしょう。


食器屋さんの500円のお茶碗

洗ったら キュッとサッパリ仕上がります。
天然素材で長持ち
次の晩御飯も美味しくいただけます。


この両者の値段、倍ならぬ5倍。

しかし、その400円の差でその先にかなりの費用対効果の差が出てくるのだと思います。



その400円は、日本を回り回ってやがて自分のお財布に入ってくるかもしれません。



僕は「モノ」を作る人です

それも世界で言うところの誰も知らない、誰も解らないモノなのかもしれませんが。。

ですが、モノを作るから解ります。

その品物の、それが何故それだけ費用がかかり、どれだけの効果があるのか
(大体ですけども。。。。。)


そんなこんなで、おもいつきました

「一品入魂」

これからも この気持ちで頑張っていきます

ブルーやホワイトと言った色社会の垣根を越えたいですね。


上下など関係なく、必要だからどの商売も存在する訳であると思いますし

売る人がいるからモノを作れる 作る人がいるからモノを売れる。
対等ですよね

この不況がその商売のバランスやウェイトを滅茶苦茶にしてしまい
ルール、タブーや越えてはいけない垣根でさえもボーダレス化してしまっています。





日本のモノ作りがもっと強くなる社会になるお手伝が出来るようになりたいです

その為にはもっと僕が強くならないとなぁ

トホホ  


Posted by 東大阪技研 担当的場 at 01:24Comments(0)コラム

2010年05月13日

アルミーゴ!

今週前半は なんとも面白い名前の合金

アルミーゴハード を切削加工しておりました
(残念ながら現物はお見せできないのですが。。)

http://www.venus.dti.ne.jp/~sando/other/a5052/alhard.htm



アルミーゴは、 言えばアルミです。

アルミの合金です

でも強度が S50C (鉄) ぐらいあるアルミです

う~ん、解りにくいですねぇ。

言えば、アルミなのに 硬いのです

う~ん、加工屋さんでなければ、 どのような金属でも硬いですよねぇ

表現の壁にぶち当たっております


いつも、アルミ加工で 「硬いのでお願い」 と依頼があれば

基本的に 超ジュラルミンの A2017S (通称じゅーななえす)
を使います

ですが「もっと硬くて渋い、いぶし銀のアルミでお願い」

と言われれば、有無を言わさず 超々ジュラルミン A7075S を使います
(通称 ななごー)


その、超々ジュラルミンより硬いのが、アルミーゴハード

ラテンなお名前ですが、おフランス生まれなのです。



このように、アルミといえども色々な素材があります。

当社はアルミ合金加工に沢山実績が有り、種類や知識も豊富です。

アルミ加工でお困りの時は、是非一度当社までご相談下さい。



と、最近アルミ合金加工が多く、アルミ加工屋さん状態でございますが
得手はアルミ合金ばかりではないのですよ!

樹脂~金属まで、素材や形状を問わずに加工が可能ですので、よろしくです。




あぁ、アルミと何回言ったのか。。。。  


Posted by 東大阪技研 担当的場 at 23:39Comments(3)モノ作り

2010年05月07日

真のエコ

当社工場なのですが

諸事情で空調関係の設備導入が遅れておりまして
(と言いますか、急に暑くなりすぎです)

急遽ホームセンターでスポットクーラーを購入致しました。



これでエアコン導入までなんとか凌げそうです。。。


しかし、このクーラー、思いのほか水(湿気)が溜まるのが早いのです。
大体3時間弱で1リットル以上溜まります


ただの水ですので、最初の何回かは外の排水溝に流しておりましたが

ふと、もったいない (MOTTAINAI)←世界標準語らしいですよ!
事に気づきました


当社のマシニングの切削油は、エマルジョン(水と油を混合させて使うタイプ)ですので
そちらに水を都度補給する事にしました。

この暑さ+アルミの高速加工の量産品も重なって水分の飛び方が半端ではありませんので
丁度言い循環になっています。

エコですね


しかし、動力ではなく100V電力エアコンなので、そちらの方がキツイかもしれません。。



  


Posted by 東大阪技研 担当的場 at 00:51Comments(7)

2010年05月05日

小ネタ

GWもあっと言う間に過ぎてしまいました。。。

皆様リフレッシュできましたか!?

僕はお仕事でした。。。。

いやいや、景気の悪い中、嬉しい事です、お仕事をバリバリこなして頑張らないと!


連休中に  http://ameblo.jp/nimonic/ ブログの けんさんが遊びに来て下さいました。

同年代の気の会う少ない仲間、先輩の一人で 時間を忘れてしゃべり倒してしまいました。。。

でも、こう言う仲間との時間は大事だなぁ~、といつも思います

尊敬する経営の先輩に

「無駄な時間を共有出来る仲間こそが必要だ」

と教わったのを思い出します。

そこにこそ、この厳しい引き詰まった社会で生きていくための「何か」があるのかな?と考えてみたり

ラジバンダリ





そして、ネタが最近薄くなってきましたので、小ネタを一つ



当社のハンドリフト、バイスなどでマシニングに張り付くお仕事(特に数モノ)
を、こなす時は 僕の作業机としてフルに力を発揮してくれるのです。


いや、机として使っているほうが多いかもしれません・・・・  


Posted by 東大阪技研 担当的場 at 23:09Comments(1)モノ作り