2009年10月02日

事業計画

起業するにあたって、最初に一番大事なのは 「事業計画」 だと思います。

何故起業したいのか、どう言う理念があるのか
そしてそれらが世の中の何に貢献出来るのか
競合と自社を比べて、そのマーケットに参入して勝機はあるのか

これらの筋道がちゃんと合っていて、会社組織として利益が出せるようになっているかどうか

を 人にも説明して納得してもらえて、なおかつ自分の信念がブレないように
頭や心を整理する為にも「事業計画」とそれをキチンと書面に残しておく必要あります。

融資を受けなければ出来ない商いもあります
でも会社として実績が無いので、何を見られるか?
実績が無ければ、ちゃんとした筋道の計画です。

逆に言うと、きちんと筋道が立てられれば、実績なくても起業人は融資を受けられるのです。

誰が見ても、納得する事業計画なら、絶対成功します。

年間1万社が起業し1年後には9割が倒産する と言われています。

理由は 事業プランの脆弱さに尽きる と言われています。




自分も起業人なのに、偉そうに書いてしまいました、申し訳ないです ^^;

実は上記の内容は、僕が考えた訳ではなくて

会社を経営しておられる先輩達が、僕にアドバイスしてくれた事を
そのまま まるっと 借りてしまいました。



僕は本当に幸せ者です!

心ある経験豊富な先輩や、気にかけてくれている仲間の人達がいます。


でも、起業を真剣に考えている皆様も、絶対にいると思います。
経験豊富な先輩達は、惜しみなくノウハウやアドバイスを、絶対教えてくれますよ!


僕は今月頭に、独立開業資金を申し込みます。

実は僕もキチンとした事業計画がまとまらず、毎日考えてはメモに書いたり
事業計画書を修正したりしています。

ですが先輩達のノウハウや、仲間たちからのアドバイスを基に、
やっと自信を持てる計画書が出来上がりそうです。







僕は自信を持って、この計画書で一度融資を申し込みます!



  


Posted by 東大阪技研 担当的場 at 17:20Comments(2)起業関連