2012年08月27日

もう夏も終わりですね

最近は、にんにく卵黄に頼る事が多くなりました。

やずやの

=====================



もう8月の末ですが、まだまだ残暑が厳しいですね~。
前回の更新が、6月の頭だと言うのが、自分でもびっくりしましたが。

週に一回は更新しているつもりだったのですが、どうも自分の勘違いだったようです!

日本代表の皆様! メダル おめでとう!




と、6月から、今まで、めまぐるしいぐらいに色々とありました。
仕事が忙しかったり、薄くなったり、出張が続いたり、  もう直ぐ決算だったり。


そう、うちは8末締めなんですよ。    一年が早すぎて、もうわけわかんなくなっちゃいます。
また税理士に数十万ももってかれるのか~  うき~~~~~~



今月で、弊社は3期目終了ですが、 今年もなんとかかんとか、いやギリギリか?皮一枚か?
で良い結果を残して乗り切ることが出来ました。


それもこれも、皆様のご協力有りましての結果で御座います。本当に有難う御座います。


弊社と、僕個人での力では、とてもとても、有り得ない結果だと自負しております。
今期も、仲間、先輩、家族に感謝、感謝であります!

感謝だけじゃなく、誠意を見せろよお前 大人の世界は誠意=金だろ!金用意せぇや!

と言われましても、非常に困るのですが、 本当に感謝しております!



4期目も皆様に色々とご協力、御迷惑をお掛けする事が、多々有ると思います。
時代も刻々と厳しくなっていきますが、出来る限り尽力致しますので、宜しくお願いします。






そして、決算に向けて、空いた時間に会社の大掃除を致しました。
色々在庫整理や、片付けをしていると、足りない物や、壊れた物などがポロポロと出てきまして
いくらか購入したのですが、 思った予算を上回ってしまい、ちょっとショックな今月でありました。。。






壊れたナットを購入してみたり




カイザーを揃えてみたり





かっこいい漆黒のツールキャビネットを購入したり
(謎のアメリカの片田舎のやつです)






後、ツーリング関係を入れるところがなくなってきまして、ずっと机の上に野ざらし状態だったので
こんなマジで渋いラックを作ったりしました。




少し仕事が薄かった中、色々と掃除や整理をしていると、リピートのお仕事が数社得意先が重なって入ってきました。
やはり、前向きに良い事していると、とてもいい事が起こるのですね~ ホンとラッキ~であります。


リピート率 0.05%の弊社と致しましては、本当に感動であります!有難う御座います!



そして、会社設立当初にに飛び込み営業した、メーカー様などからも新規案件の問い合わせ、お見積りが出てきたり
HPを見て、大手メーカーの技術の方から、ご相談があったり、と色々前向きな展開が増えてきております。

まだ、花が咲いている訳では御座いませんが、少しずつ、良い方向に向くように動きます!







これからも、色々と考えながら、コツコツ、進んでいくしかないのです~ 頑張ります。











結構トリッキーな加工が多かったりします。

本当はもっとトリッキーな奴も多いのですが、、、 またまたお時間が有る時にでも。



ではでは~  


Posted by 東大阪技研 担当的場 at 15:57Comments(8)モノ作り

2011年10月15日

シボニングセンターってなんですか?

AMラジオの音質に拘り続けるオッサンのストーリーを描いた本を書いて
一発逆転大儲けを狙っています

=================



週末になりましたので、ブログを書き始めたいと思います。


はぁ・・・・・・・・・・なんなんでしょう

なんだかなぁ~~

色々入り交ざる複雑な心境で日々過ぎていきますが・・

社内的にも社外的にも色々な理由はありますし~


いつもしんどいときには、思うようにしています

・良い事は人のおかげで、悪い事は自分に何か原因がある
・ライバルと敵を作らずに生きていく
・頭が痛いとイブAを飲む
・眠いのは寝ていないから
・主軸を突っ込むのは補正を間違えているから
・アーバーが壊れるのは、チップの交換を面倒臭がるから
・家の犬の口がとても臭い
・下水が上がってきて家が臭い
・4/8の在庫が切れてワキがとても臭い
・加トチャンの嫁は顔がデカイしケバイ
・山Pの妹は山Pに似ているのになんか可愛く無い
・SKEのエロさにゾッコン
・危険なヤバイ人とは絶対に関わらない、付き合わない
・とても金が欲しい



この6か条を心に留めて日々精進です


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


アルミ祭りも終盤戦になりつつあります。

いつもその日暮らし感がいなめないですねぇ~ ↓↓サゲサゲ
サラリーで生活したいなぁ~・・・

もしタイムマシンがあるのならば?

2年前に戻って、公庫と保証協会に

「さっき来たあいつの融資の審査落とせ、絶対だぞ」

と伝えて、広末に、「キャンドルジュンだけやめとけ、俺にしとけ」 と伝えます

あ、あとトシちゃんに「ちょっとだけテレビに出る機会が増えるよ、よかったね」

と伝えてからまた今の時代に戻ってきます。


ほ、ほんとよかったね~~~トシちゃーん!!!




~~~~~~~~~~~~~~~~






大きいアルミですね~  縦加工があります・・ 迫力あるな~




さっさ~ とピック走らせて水平垂直確認しましょ~^^ 基本ですね~



縦加工で、コレだけ荒取りするのも、結構ヒヤヒヤします~




ピカーっと仕上げちゃうので~す^^





結構迫力ありますね~ 削り応えがあります~







ブリブリ~っといきましょ~  全開です~^^




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


昨日、土曜日に 天王寺で もの作りチーム大阪ミーティングがありました~☆

と言うか、3人で阿倍野らへんで飲んだだけなんっすけども・・・






アラキさんとマキノさんと美味しいホルモンをガッツリ食いました~


とある諸事情で
最近の関西での集まりの記事は、極力掲載するのを避けていたのですが~

色々思うこともありますし、まだ悩んでいる事も多々あります。
考える事もありますし、その他色々あります。


関係ないですし、もう大丈夫でしょう。  全然問題ないっす。



でわでわ~  


Posted by 東大阪技研 担当的場 at 02:13Comments(10)モノ作り

2011年08月18日

嬉しいお話

きたなシュランってミシュランに怒られたそうですね

==============


今日嬉しいお問い合わせがありました。

知らないお電話番号から、連絡があり
お仕事をお願いできないか?と言うご相談でした。
(諸事情により深い内容と何方様かとのお話は控えさせていただきます)


いつもこのブログを見ていただいている、との事でした。
本当に有難うございます。紆余曲折継続していてよかったと思いますよ本当に^0^

FAXで図面とお値段のご相談、、何とか加工は出来そうです。

キチンとした筋の、キチンとした内容のボリュームのお仕事
そしてお電話でも安心して打ち合わせが出来ましたので
責任を持って請けさせていただく事になりました。

実は、ネットからのお仕事の取引は今回が初めてです。

ですので、気になったのが、初回のお支払いのお話。

「そうですよね!ブログを見ているので、こちらは
  的場さんの事は前々からよくしっていますが、そちらはウチを知らないですよね」


僕が恐る恐る、相談してみますと
「そちらが納得して頂けるまで現金で払います
  その流れで信用して頂けましたら、締め支払いに移しましょう」

安心できる内容での初回取引となりそうです。

足りない検査道具や、工具、ゲージも支給して頂く話となりました
(買うと相当な金額になる物ばかりですので。。。)


「いつもブログを見ています」

こう言って貰えると、本当に続けててよかったなぁ~と思いますよ(二回目)

頑張っていいものつくろう~~









そして今空前の流行となっている 「高送り動画」ブーム

だれが流行らしたかしらないのですが、僕も負けずに頑張って動画をアップします





なんかよくわかりませんが、動画が縦長になってしまいました。


切削材は、inconel 718 です


あ、間違えました、hastelloyC-2000 でした


あぁ、又間違えました、 Stellite でした!


あ、違いましたわ、、、





SS400でした
  


Posted by 東大阪技研 担当的場 at 21:45Comments(12)モノ作り

2011年05月30日

エンドミル

高力黄銅と真鍮とSS400を連続で機械加工した時の切子の不快感

========================


アルミ祭りも終盤となりつつ、今月の夜勤体制も晴れて解除となりました。

やっぱ日勤は最高っすね!生きた心地がします。


もうそろそろ月末となってきまして、ネタと運転資金が底を尽きそうになってきましたので
適当に夜勤の時に撮った写真を載せて行きます




お気に入りの三枚刃のハイヘリです。良く切れて立ち壁も良好に仕上がります。



右は特注で日進に作らせた、ALZのΦ20です
(嘘ですOSGの型番なんだったかな?似たようなやつです)

これで1D溝切削かけると、流石に鬼の様に主軸ロードメーターが上がります。

左は、Φ16のオフセットシャンクのエンドミルです、確か180ぐらい長さがあったかな?
回転上げるとびびるし、加工スジが結構目立つのであんまり使っていません。




お気に入りの仕上げ用DLCの 16 12 10  刃2Dタイプのです。
16 12はOSGで、10だけミスミです、OSGのは本当に値段が痺れます。

DLCコーティングはノンコートと比べて実際に仕上げ面の違いの評価が難しい
と言われているらしいのですが、使っている感じでは良好なので気に入っています。

綺麗にコンタリングしてあげると、たまに客先から「ボーリングにしては綺麗やなぁ」
といわれ、サイドカットだと言うとビビられます、嬉しい話です。







全然整理整頓できてないですね、ALZ、MSZ、そのたハイヘリのフィニッシュ用のEMの在庫です。

ALZMSZに関しては、結構ストックを持つようにしていますが、最近条件が極まって来たのか
余り折ることが無いので、ずっと余りっぱなしです。

譲る事は難しいですが、近隣の方、もし破損などの場合連絡して貰えましたらすぐ貸し出しできますよ。
って工具屋に頼んだほうが早いわいな。  


Posted by 東大阪技研 担当的場 at 23:04Comments(4)モノ作り

2011年05月26日

お気に入り



韓流のイケ面の押し寄せる波がすごい


====================




少し前に記事に取り上げました、このマイクロ使い勝手GOODです

小さい僕の手にも、片手でしっくりきます。

ちょい測定に大活躍です。


それと、よくみたら、移動側が回らないんです。

直動式と言うタイプみたいで、回転で数値を読み取るのではなく
内部スケールの移動距離で読み取っているいたいです。


アルミなどにも傷がつきにくいので、もう最高です。

一家に一台、おススメです。


紹介料としてミツトヨからバックマージンでないかなぁ~  


Posted by 東大阪技研 担当的場 at 21:37Comments(2)モノ作り

2011年05月25日

シリーズ化

大阪の一等地の億ションに住んでいる方のマンションの
エレベーターを無くして階段だけにしてください☆

と短冊に願いを込めようと思っています


===============================


あまり加工品に関してのネタが無いので、


「今日はこんなん買いました」シリーズ化しようと思っております



今日はコレ



何時もお世話になっています、切削工具の相場を根本から破壊したと思われる
皆様ご存知の大手商社様のオリジナルブランドのAL用ソリッドの新作です。

径はΦ16と野太く、日本男児ならだれもがUSAに憧れてしまうようなサイズですね。


先に言っておきますが、しつこいように僕はハイヘリカルが大好きです。


売りが 「一発立ち壁加工を高面精度で実現!ビビリも最小限に抑えます」

との事で、従来使っております 45度ヘリカルの三枚刃のΦ16のサイドが若干チップしてきましたので
どうせ同じのを買うのなら、と気合を入れて違う新作にしてみよう、と。


なんかブローチリーマーを逆さにしたような刃形状ですね。
タフカットスキルリーマーではないですよ、あくまでもブローチ。

燻し銀な55度のヘリカルもさる事ながら、この上に巻き上げるようなすくい面、興奮です。
そして写真で見て解ります様に、シャンク径からそのままの円筒マージンですので
径も計りやすいですね ←前回シリーズのクイックマイクロが大活躍です。

シャンクからの円筒マージンと言う事は、二番が逃げ面無く
切削面にベタ当たりになると自信は解釈しております。

(バニッシュ効果で面粗度を狙い+ワークをカジらせないので、ビビリが少ない??)



そんな期待を勇気と希望と知恵いっぱいの胸に詰めて
いざお気に入りのMEGA16にパイルダ-オン




※もううすうす勘ずかれているとは思うのですが、僕は大昭和エンスーです。


主軸と端面を密着させ、なおかつナットとボディが締め付け時に完全密着され
さらに尚且つ触れ精度が口元3ミクロンの世界初の高速回転型のミーリングチャック
メガダブルパワーチャックで

皆様ご存知のエンドエンドミルの相場を根本から
破壊した商社様の新作の仕上げ用のエンドを握らせて刃先が切削抵抗と勝負して
どうなるのかを想像しながら起動ボタンをON!


(大昭和エンスーなので、勘弁してください)










結果は、乞うご期待!!!!!!!!!!!!!!



















と言いたいところですが、簡単に結果をお話します。


まず、三枚刃の時と同じ条件で350メーターから始めてみます。

ビビリません


ん?まだいけるな? 欲を出して600Mで回す

ビビラナイ


んんんんんん?  もうチョイいけるか?800M!


びびりません?



あららら。もうやけくそ、1000Mや!


びびりませんでした。



やはり思っているように仕上げでビビリが出ません。

しかし、どの回転粋でのサイドカットも、白くすすけて全然綺麗に立ち壁が仕上がりません。

例えるならば、切れの悪いソリッドで調質鋼を仕上げたような面粗度



んんんんんんん、、なんでなんかなぁ。


エンドミルを見てみると、円筒マージン(二番??)にベッタリと溶着していました。

バニッシュもなにも、溶けたアルミで表面こすっているようなもんですねこりゃ。



仕上げにはあまり使い物にならんような気がしました。
しかし刃の形状からかワークにカジリを呼ばないのでビビリは出ないんだろと個人的に解釈しております。


仕上げよりも、オプティラフ加工のような荒取りに適してるんだろうなぁ。周速も上げれるし。



取り合えず従来の刃物に戻し、またオプティラフパスを出せるような機会が有る時に持ち越しになりそうです




※電卓で周速の計算間違えていました、書き直しました、べべべ~  


Posted by 東大阪技研 担当的場 at 22:45Comments(7)モノ作り

2011年05月24日

日がな年中アルミ

大阪泉南のヤンキー VS 兵庫姫路のヤンキー

ドシャコのクレスタとセドリックの所有率の高い地域が勝ち

初代セルシオの走行20万キロ越えを中古で15万で買った黒塗り使用は含まず

と言う企画を立ち上げて関西を盛り上げましょう橋本知事


↑ 訂正 橋下でした、あ、山本だったかな?

=======================




最近アルミ加工ばっかりでした、と言うか今もなんですが。

アルミ加工を前面に押し出して売り歩いている訳でもなく、なんかアルミが重なる。

切子の掃除も楽だし刃物も一生に近いぐらい減らないので、楽ではあるのですが

数が多い仕事や削る量が多くなるお仕事ですと、ウチの設備の仕様上どうしても欲をだしてブン回してしまう。

最近しつこく言いますが、日進のALZや三菱ALIMASTERなどのハイヘリのソリッドの普及や
アルミ用のスローアウェイのブレーカーが進化、普及してきたのもありまして。青天井で削れてしまう。




(ユニオンのAZS?ALZのライバルみたいなのは芯厚も細く刃長さも2Dですんで、ダメダメでした)


もうアルミに関しては、周速、刃当たり、エンゲージ率無視の、折れる手前まで持っていくのが最良条件なってしまっています。

またそれも、高回転用のミーリングチャックや、エンドミルシャンクのみに開発されたスプリングコレットなどの進化により、カタログ切削条件が参考にならないぐらいの条件が出てしまいます。


ウチのマシニングの主軸は 二台ともBIGプラスのBT40なのですが
構造上、チャックのナットをスパナかけ無しのタイプにしてもBTのキーのせいで
切削液がかなり噴霧してしまいます。

ブチ切れた時などは、60~80ぐらいの径のフルバックを3500メーターぐらいで回してしまいますので
それはもう地獄のような湿度となります。

一応、ロハスでエコな僕としましては、ミストコレクタで対処はしているのですが
それでも、べちゃべちゃです。

顔も、病気になる前のチュートリアルのイケメンじゃない方ぐらいのベタり方です。

とりあえず水の減りが早く、忙しいときだと一日に18リッターのペール缶2.3杯は補充します。

身体が勝手に水分を補充してくれているお陰で、水を取らなくても全然OKです。
逆に前立腺が悪いので頻尿なぐらいです。




と、アルミばっかりやって、飽きもあり最近ストレスが溜まっていました。


近々、その流れがすこし切れまして、SCM415の切削がまっております。

久しぶりにMSZを握らしたり、土に還りそうになっていた鉄用ブレーカの登場です。



でもでも、あんまり不等リードのエンドミル使った事無いので、コレを機に使ってみようかなぁ。
なんか素晴らしく楽しい世界が待っていそうな気がします。




早く鉄が削りたくてアルミを終わらせようと必死です。
たまには30~80メーターぐらいの切削領域でゴシゴシのんびり切削も乙な物です。



アルミのストレスをクロモリで解消。

切削加工のストレスを切削加工でリフレッシュ。



早くなんかちゃんとした趣味を見つけてちゃんとリフレッシュせにゃ
前立腺がいつまでもよくならんがな



※電卓で周速の計算間違えていました、書き直しました  


Posted by 東大阪技研 担当的場 at 23:31Comments(0)モノ作り

2011年05月23日

HIFEED VS HISPEED

嫁はいますが彼女がいません

=======================


自身は悩んでおります。

定期的に出る可能性が有るお仕事なのですが。

極右と極左の様な荒取り方法、どちらに軍配があるのか。。


HI FEED ハイフィード  即ち送りが高い訳ですよね。

HI SPEED ハイスピード  即ち 速さが高い訳ですよね(意味不明)




こちらが 速さが高いほうです




こちらが、送りが高いほうです




材質は45Cの焼鈍(A)でございんすで、比較的切削性は良好かとも。

オーステナイトステンなどであれば、超硬でVを上げても切削油ジャンジャンかけて削るのですが
今の所刃に影響が出た記憶がありません。構成刃になりにくいので出来るだけジャジャがけです。

しかし炭素な鉄の場合は、やっぱりジャジャがけだと、刃が割れたり持ちが悪いので
シュンシュンエアーをかけながら削ってます。

自論では、やはり最強はMQL (Minimal Quantity Lubrication)
なんだろうなぁ、と思うのです、憧れるなぁ。


情報によれば、常に7M程の力でクーラントが刃先に確実に当たるのであれば
Vを上げていっても割れないし刃の持ちも良い、との噂です。

外掛けの7Mともなると、ラインが圧力で痩せてくるらしいのでセラミックにしてやらないといけんらしいですが、、、(これは自論ではなくアドバイスをマルパクリしていますので、僕が詳しいわけではないんですが)


熱する事と冷やす事の繰り返しが結局悪いらしいので、常に冷却できていれば確かに割れたり欠けたりするはずがない。。。



少し話題はそれてしまったのですが、どうも小生は理論脳ではないと最近自覚致しましたので
どちらの方法でも一度ゴリって考えるしかないようなんです。

削って折ってガミって考える、自分のガテンな脳が恨めしいです。。



頭で理解出来る人、本当に羨ましい、、、捨てるお金も時間も少ないんだろうなぁ。。




あ、でも、佐々木ののぞみんと付き合っているハリケーンの二宮のほうが羨ましい。

ガンツはあんまりパッとせんのになぁ、むかつく  


Posted by 東大阪技研 担当的場 at 23:16Comments(0)モノ作り

2011年05月21日

暇つぶし


ハンカチ王子よりエスパー伊藤の方が個人的に好き

===========================


鶴橋で焼肉をそれは盛大に食べました。
胃の中が肉の化物となっております。




いつも家に帰って、寝る前に暇なのでYOUTUBEばかり見ています。

自身には本当に趣味がないので、見るものも少なく
いつも加工の動画ばかりです。

たまにPORNTUBEとかMEGAUPなどでUSA的なのも見ます、アゲサゲを挟みながら。




制御が追いついているのがすごいですね、何の機械なんでしょう?
やっぱりハームレとシーメンスのコラボ的な機械なのでしょうか。

遠州とヤスナックではむずかしそうです。




い~感じです、もう軟鉄ぐらいならこれぐらいのパフォーマンスでゴシゴシいきたいですね。
見てて気持ちいいです。

外人も動画のコメントに NICE CUTS とか入れてしまっています





見にくいですね、径の割に結構突き出しの長いソリッドだと思うのですが。。
純チタンなら、ですが64チタンをここまでサクサク削ると快感です。

知り合いに、「チタンの何処が難削材なんですか?」と言っておられる方がいておりますので
今度の加工技術懇親会で色々聞いてみようと思います。






ブラザーのBT30でこの切削です、軟鉄と言いましても、結構トルク掛かるでしょう。
すごいっすね~





こちらもブラザーです。

結構昔ながらの加工屋さんは結構BT30をバカにする傾向が強いですが
ある種でかいマシニングではチャージの上がらない世界もあったりしますよね昨今は。

特にブラザーのマシニングはBT30番の中でも群を抜いている性能だと思います。

値段もBT40に近いぐらいはするのですが。。。TC-22Bなどの本格クラスになると。



いや~、本当に良い暇つぶしになります、勉強にもなりますし。



自身は、サラリーマン時代に以外に職が続かず色々なマシニング加工屋さんで働いておりました。

試作モデル屋さん、量産屋さん、航空機部品屋さん、FA部品製造など

それらの業種で、HSK,BT30~50の色々な個性のマシンを触ったり
多分、国内メーカーで一般的な普及タイプのマシニングなら安田以外は結構触っていると思います。
あくまでも一般的なマシニングですが。


そこで思うのですよ小生は、得手不得手や単価の上がるゾーンが違いすぎるなぁ、と。


知らない人は言います 「BT30みたいなオモチャで何の仕事するんや?」と
逆の人は言います  「BT50みたいな重たいだけで剛性だけあっても歩留まりが悪いんじゃ勝負にならんがな」 

真ん中の人は言います「30も50も偏っとるなぁ~もっと間で物事考えようや」 と



異端児の人はいいます「BT60でΦ32の5Dラフィング304センタースロッチング最強説浮上」

昔の人はいいます「NT50で縛り上げてサイドロックやないとラフィングの勝負にかたれへんがな」

などなど


そこの会社では有る程度かかる単価のお仕事も、二個隣向こうでは半額以下で触っているかもしれません。

それは、不況の波に煽られ時間単価を半分に落としてやっているのか
時代のニーズに合わせて体制を整えて半値で他社様よりチャージが3倍ほど上がっているのか。


両者生き残れればどちらも正解なのでしょうが、何が正解なのかこの製造業のどん底に時代に
模索していかないととても厳しいですね、ほんとしんどい。



長々とあまり意味の無い事を書いた弊社はと言いますと、ただただ歩留まりが悪く中々利益が出ない。


ほんと良いお仕事ください。たのんます、、、  


Posted by 東大阪技研 担当的場 at 00:34Comments(2)モノ作り

2011年05月19日

こんなん買いました


伊藤リオン


=======================



購入しちゃいました



クイックマイクロと言うやつですね

一回転で10ミリ動くので、ちょっとした事でも結構使いやすい。

今日届いて早速、デジノギの代わりになっています。
アルミなどの柔らかい材料だと、ちと測定圧での傷が気になりますが
デジノギよりも精度良く確実に計れるので好きです。




そうと、話は変わりましてMASTERCAMの話題。

CADCAMでのパス出しでは最近はオプティラフ?と言うのでしょうか
刃長ババがけのサイドで薄く削る高速加工が主流になってきていますね。

結構有名ですが、mastercamX5からの新機能 オプティラフ切削の動画です。

ただ、一つだけいえるのですが、V9のパスがいくらなんでもダサすぎます。
わざと格好悪くしてV9ユーザーがアップグレードしてほしいのでしょうね。
ちゃんとした刃物選定とちゃんとしたパスだせば、V9だってまだまともなパスがでます。



切削のビビリ音もV9の方を大きく録音しているような気がします。
こんなERのコレットの様なチャックで削れば鳴きも大きいでしょうし
刃物の50パーセント程でいけば切削抵抗も大きいから送りも上げれないでしょう。
しかも突き出しも長ければサンドビックで言うところの第一推奨ではない刃物形状なんでしょう。
昨今こんな加工方法でV9ユーザーも加工していないでしょう、失礼な!


なんか極端な売りかたでちょっとなぁ、と思います。


エンゲージアングルをどう考えるか?が肝だとは思うのですが。
トロコイドパスを比較的に安易に使えるようになった時にも思いましたが
ハイヘリカルのソリッドが主流になってきてからは結構弊社もこっち寄りの
削り方に変えていっています。

BT50などの比較的ファンキーな主軸ならゴリゴリいけばええのですが

どうしても中用のBT40や可愛らしいBT30ではそこまでの切削抵抗をかけると主軸が千切れ飛びそうになっちゃいますよね。

番手によって削り方が違えど、昔と違い結構創意工夫で良い勝負できる時代になってきたなぁ、と

鉄やステンでも上記のような削り方を弊社もよくするんですが
ガンガン下ろしていると、刃が丸坊主になってきて薄削りなのに尋常やない切削抵抗で折れたりするので
結構難儀だったりはするのですが、今までようにソリッドのラフィングでゴシゴシ行っていた時よりは
遥かに工程や時間や刃物消費が読めるようになり楽になりました。

それでもソリッドの消費なども考えたら、スローアウェイでガリガリ降ろしている方が
コスト面でも良かったりするので、どちらともいえずいつも仕事の度に悩むのですが・・


最後におまけですが、3年ほど前、まだサラリーマン時代だった頃によく樹脂なども加工しておりまして
その時に撮った荒取りの動画なのですが、快削性の高い樹脂(ABS,ジュラコン、ナイロン)
などで、今時の刃物であれば剛性の無いBT30の主軸でも結構ゴリゴリ降ろしていけます

パス自体は適当に出したまんまなので、余り綺麗ではないですが、ヤケクソみたいな
削り方で、結構面白いです





  


Posted by 東大阪技研 担当的場 at 23:58Comments(0)モノ作り

2011年04月18日

アングルヘッド加工


ラミレスはまだゲッツしてるの?


========================


新兵器を投入いたしました。




MSTのアングルヘッドハーフです。


数のあるお仕事を継続して受注しておりまして、今まではジグを使い斜め穴を開けていたのですが
もっとチャック回数を減らし、効率的に多数個取りができないものか?と考えての策となりました。




切削液で見にくいですが、ちゃんと斜めに穴をあけてくれています。





位置決めブロックと合わせて、27~8万円とアングルヘッドとしてはお安いですが
結構弊社的には気合が入る投資ではありました、いやしかしチャッキング回数も大幅に減り
身体も楽になり、大満足の結果となりました。

今、当社が目標としております (人より機械に仕事をさせる) に一歩近づきました。

高級外車セダンよりも高価な機械を使い商いをしているのですから
人が一生懸命になって機械に使われるよりも、逆に馬車馬のように機械に働いてもらい。
その間に他のお仕事をしたり、ゆっくり考える時間を作ったり、身体を休めたりできます。



これからも必要な投資は続けていかなくてはなりませんねぇ~

ただ、投資投資でいつになったら帰ってくるのやら・・・・  


Posted by 東大阪技研 担当的場 at 23:51Comments(7)モノ作り

2011年04月08日

インコネル 削る

あまり冗談を言う気にならない

=====================

どうも、いつもお世話になっております。僕です。


中々気が重く、何かを書く気にはなれないですねぇ。。

前の記事で、自粛と言おうと思えば、自制と書いておりますし。
でも、面倒くさいのでほったらかしてたり、と。




少し間がありましたので、前々からやりたかった事の一つができました。


頂き物のインコネル(のなにかは不明)を削ってみよう、と




とりあえず、ハイスのラフィングで、ゴリゴリ、意外となんとかなるものです





次は、ハイスの13のドリルでゴシゴシ、意外となんとかなるものです



今までインコネル、ハステロイは触ったことがなく、ビビリ倒しておりましたが。
落ち着いて、ポイントさえ押さえれば、あまりトルキーではない主軸でも削れるみたいです。

いつか仕事として、ちゃんと触ってみたいものです。


そして、これまた、硬いと言うだけしか解らない、謎の鉄に穴をあけてみました。





これも、意外となんとかなるものです。(端のジャン切できってあるやつは、うちで空けたのとは違いまっす)




難削材になればなるほど、周速を上げる事が難しいので、ハイスの方がええような気がしてしまいます。

超硬があれば、なんでもいける、ハイスなんてださださだわ、と思っていた時期が、僕にもありました。  


Posted by 東大阪技研 担当的場 at 02:27Comments(6)モノ作り

2011年03月01日

数の子

三浦春馬と戸田恵梨香はまだ教師より生徒役のほうがいいと思う


======================








数モノの加工品です。


当社の売り方?が悪いのかも知れないのですが
意外とコッテリ単品ばかり加工している会社とおもわれがちなのが気になっています。


マシニング加工の基本は部品加工ですので、もちろんロットの有る加工も常日頃行っています。



コッテリした物を前面に出すと目が行くのかな??と思っておりましたが。

逆にそればかりだと思われてしまいますので、売り方をもっと変えようと試行錯誤中です。


こう言うのも出来るのですよ、と言いたいのですが上手くこちらの思惑を伝えるのはむずかしいっす!  


Posted by 東大阪技研 担当的場 at 21:50Comments(3)モノ作り

2011年01月27日

自由度が高い


少女時代はよく見ると可愛く無い子が混ざっている




====================



機械の割には結構大きいアルミは削る事が多いのですが

今回はどうしようか?と思う形の加工がありまして
思い切って110ミリもバイスから突き出して削りだしてみました




写真で見ると、なんか迫力無いな~ 結構大きいんだけど。。。




数十分後、荒取り終了。

これまた結構写真で見ると迫力ないなぁ~


突き出し110のスローアウェイ、結構条件上げたんですが、ビビラずブリブリ削れる。

アルミは本当に自由度高いですね~◎ 削って楽しい材料です。




しかし、最近アルミの受注が多い。


確かに工具も結構アルミに関しては揃ってきているし、一つの仕事に対して惜しまず工具をプリプリ買っている。


仕事するたびに工具を買っているんですけど、いつまで経っても利益率が少ない。


かと言って、有る工具だけでごまかしごまかし作っても効率悪いし品質も今より上がらないし
何より面白くない。


何がそれがし、やっぱり やりたい仕事を使いたい工具と設備で勝負してみたいから起業したのもありますし。




だけど、それじゃぁ商売人ではなくて、いつまで経っても工作好きの背の低い兄ちゃん止まり。


趣味と仕事と理想と現実の狭間で悩む毎日です。


  


Posted by 東大阪技研 担当的場 at 23:05Comments(2)モノ作り

2010年10月21日

どうも、仙谷です

秋元才加とのお泊り撮られちゃいました~☆

うちの嫁さんには内緒にして下さいねっ





続いてまたまたアルミの話



継続的に続いているお仕事なのですが。


あ、最近仕事の話が無かったので、たまには仕事の話をしますね。


いつも流れの有る商品は、出来るだけ転注されたくないのが本音です。


※転注 =  実績が有り継続的に出る仕事を他社様に流される事


かと言って、値段競争には参加したくない、と言うか生活水準や固定費を下回る
お仕事の請け方は正直出来無い、と言った感じです。


ですので、プライス主義的な受注よりも
「実績」と「信頼」でお仕事貰いたいのが本当の気持ちなんす。

じゃぁどうすればいいの?

そうなんっすよね、今時信頼でお仕事を勝ち取る事は
ロナウドとタイガーウッズが不倫を止めるのと同じぐらい困難な話。


「加工に付加価値?今時何言ってますのん?」と言われる事も商売の中ではしばしば。



でも、やっぱり前向きに、自分なりにでもいいから、ちょっとした気持ち+付加価値を商品に付けておきたい。

たとえば、綺麗に加工していたら、それだけでもちょっとは気持ちも伝わるかと。

「芸術品を作るのがこの商売やないんやで」それもわかってるんですが・・


今の段階の自分には、大きな投資
(5軸やめっさ凄いマシン、めっさヤバイ測定器、めっさイケテル女)


などは、正直無理です

なんで、ちょっとした工夫と、ちょっとした投資でお客さんに信頼してもらえたらな、と。

例えばプライスありきで、他社さんがうちより破格で勝負しにくるとしまして
エンドユーザーさんからしたら、それも知らない話だったりしまして
めっさ安い所に出した瞬間に エンドさんから 「あれ?これいつものと品質全然違うやん?なんで」

みたいな


そうなんすよ、そこを信頼で勝ち取りたいわけなんです。

「あそこにお願いしといたら、確実だし間違いない、多少値段は張ってもトータルで見たら絶対こっちの方が得だ」

みたいな



今やっている仕事もそんな気持ちで取り組んでいます。


何に使われるのか、全体像などはお見せできないのですが

実際は 表面粗さ 「▽▽▽」のお仕事。

しかも、削る刃物の径も限定されていて、最初はなかなか上手くいかず苦戦していました。
あ、でもそれでも十分だって先方には言われているのですが、こっからが僕の自己満足の付加価値です。


色々な刃物を試し、条件を試し、何度も何度も色々な刃物を買いに機会団地も工具商社を往復。


んで今の段階の自分の限界がこんな感じです。





見にくくてすんません。



自分なりにちょっとでも、客さんが求めているよりもちょっとだけプラス。


今回赤でも、次で取り返しますよ。


心が折れるまでは、それを続けていきたいなぁ と  


Posted by 東大阪技研 担当的場 at 21:42Comments(2)モノ作り

2010年10月18日

加工技術懇親会

10/16~17と、マキノ製作所様主催の、加工技術懇親会に参加してまいりました。








仕事の話から、色々な話で盛り上がりとても楽しい時間をすごしました。
あ、後 焼き物からスイーツまでたらふくご馳走を食いました。

(マキノさんが仕込んでくれた肉、めっちゃうまいんです、とろけまっせ!)


ほとんどの参加者の方は、何度か面識が会ったり連絡を取り合ったりしている仲なのですが

今回初顔合わせの ナベさんとコテコテ大阪人のアラキさんも、
初対面ながら色々とお話する事が出来ました。

アラキさんは、どうもリクロールおじさんのチーズケーキ屋さんと、業者間で癒着してそうな気がします。

ナベさんはかなりイケ面です、まぁドイツとデンマークのハーフの僕より若干ぐらいですけどねぇ~



後は、いつもの馴染みの KENJIROU-YAMAMOTO氏とサークルさん。

KENJIROU氏は最初から最後まで、たけしのTVジョッキーの熱湯風呂のグラドル着替えタイムについて熱く論破なさってました。


サークルさんは、とりあえず自由でした。




過ぎ去る時間も早く、次の日は帰りに KENICHI-SHINOHARA氏ご家族ととれとれ市場に海鮮を食らい解散。

やっぱりKENICHI氏は、TVジョッキーと元気の出るテレビと風雲たけし城の話ばかりしていました。




これからも定期的に実り有る集まりに積極的に参加したいですね~。




では、皆さんお楽しみの 不定期掲載 「思ってもいない事を言って元気になろう」
のコーナーで締めさせて頂こうかと思います


では 




頑張れ!中国!頑張れ!サムスン! 頑張れ! 谷亮子









サークルさん

http://ameblo.jp/csq/entry-10680265618.html


なべさん

http://ameblo.jp/nabesan610/entry-10680060882.html

アラキさん

http://ameblo.jp/yugenaraki/entry-10680372193.html


マキノさん

http://ameblo.jp/batsumaru7777/entry-10680241349.html


やまなかけんいちさん

http://ameblo.jp/nimonic/entry-10680421780.html


※どこのブログの記事にも、MATOBAさんはマジでイケメンだって書いてあります  


Posted by 東大阪技研 担当的場 at 15:12Comments(0)モノ作り

2010年10月15日

明日明後日に向けて

10/16 17日は

マキノ製作所様主催の

モノ作りブートキャンプ2010秋 和歌山 に

CSQX-β1 様と KENICHIROU-TANAKA 氏と家族同伴で参加する事になっておりまして、

二連休ですので、なんとか仕事を前倒しで詰めてしまおうと、昨日から小室徹夜で頑張っております。


先程若干ウトウトしもって、ラジヲを聞きながら作業していたのですが

DJが

「〇〇ちゃん大好きさんからのリクエストです」との変わったRNでのリクエストで、

何でも〇〇ちゃんが好きらしく、告白をしたい、とのことでして
その〇〇ちゃんに、「今日の午後、ラジヲ聞いておいてや!と伝えているんです、ドキドキです」

との内容でありまして

小室徹夜越しの自分は、昔ならば 

「ケッ、なんやねん人がゲットワイエンナウ状態で油まみれで働いとるのに、絶対、ふられろ」

と間違いなく心で想いながら M8のキャップボルトを六角レンチで外していたと思うのですが。


今の僕は

「頑張れ、頑張れ よしあき! (よしあきかどうかは知りませんが)」

と 一人では解けない愛のパズルを抱いて 微笑ましく思えるようになったので、大人になったなぁ と

この街で 優しさに甘えていたくは無い と思うわけですよ。

(JASRAC 096-9029-8 )


何が言いたいかといいますと、成長したなぁ、と。


さて、もう少し頑張ろう。  


Posted by 東大阪技研 担当的場 at 14:16Comments(2)モノ作り

2010年10月07日

もうプチプチっと切れそうなんです

止められない♪止まらない♪は カルビー㈱様のCMでありまして
マーシーの事ではありませんので、ご了承下さい。



製品の梱包のお話。

最近アルミ製品の加工が多くなってきております
(決してアルミ加工専門では有りませんので、その他のお仕事も宜しくお願いします、ほんとお願いします)


まず、決まってアルミでアヤがあったり問題になる一つに 「キズ」があります。

アルミは想像以上に柔らかい材料です。
触っていないのに、何で 何でなんや!? とばかりに擦り傷などが付いてしまいます。
(実際はどこかで擦っているのは間違いないのですが)


比較的に、小ロット製品加工のお仕事が多く(50~300個程)
単品もやるのはやるのですが、今回は数モノのお話で。



製品を加工して納品する時、今までは古新聞紙や大きいプチプチを切って包んで梱包していました。

そうすると数モノの場合、加工をしもっての梱包作業は本当にしんどいんです、ガチで。

古新聞で包む時に、結構スポーツ新聞なども混ざっていまして。
いつも何も考えなしにやっていたのですが、真ん中の記事らへんの
18才未満禁止な欄で包んでしまっていたりしました。

最近気づいて冷や汗をかいている次第です。

もし納品先の事務員の女性の方が包みを開けたら、もうセクハラ問題となってもおかしくないです。
あ、いや、それはそででええのかもしれませんね、うん。

「もう、MATOBAさんってスケベなんだからぁ~☆これ、あたしの携帯番号だよっ☆今度デートしよっ」

みたいな可能性も 1/1250000000 位はありそうですし



と言うような、北野武の娘は今?ぐらいどうでも良い事は置いておいて
ふと考えました。

まず近所の包装屋さんの竹村屋包装様の営業担当の方に相談。


業販で、プチプチをカットして小袋にして頂きました。

当社でよく加工するぐらいのサイズで、大、中、小で注文。



どうしてもロット的にこれだけの量になってしまうようなのです、大中小合わせて系3000枚ほど。






中サイズがこれぐらいです。


またまた結構な額になってしまったのですが、より良い物作りの為の先行投資です。


せっかく一生懸命綺麗に愛を込めて作ったのだから、最後まで気持ちよく綺麗に納品したい。

それと、こう言う風な感じで梱包していると

加工→追加工や二次加工→検査→表面処理→エンドユーザー様に納品

と言う形で、何社もの業者様でコラボするお仕事の時も、最後まで使っていただけるかと。

一々、包装破って廃棄して、また梱包し直すのも、勿体無いお話ですし、これだと出入れも楽な上
エンドユーザー様に違う梱包で納品するにしても
何処かの業者様が、勿体ないからとまた何か違うモノに捨てないで使っていただけるかな?と

エコですね。ええかんじですね、自画自賛。



どうせなら、最初から最後まで、皆様と一貫して気持ちよくお仕事がしたいものです。

このプチプチ君がそう言うのの、ちょっとしたきっかけにでもなれば、良いかなと願うばかりです




ワシや!ワシだけ儲ければええんや!社員も協力工場もワシが銭を儲ける為の道具やがな!
それ以外は知りませんがな!

みたいな 古き良き時代の中小企業理念や概念は、もうリーマンショック後の社会には必要ないっすよねぇ。


そんな考えや思想はこれからのモノ作り日本には もういりまへんわ~ポイポイのポイ です。


でわでわ、良い週末を ってまだ木曜やがいな。 ちゃんちゃん  


Posted by 東大阪技研 担当的場 at 23:48Comments(0)モノ作り

2010年10月05日

自分へのご褒美

先月頑張った私に、ご褒美☆
(東京丸の内勤務のOLがスゥィーツを食べエステに通う時の様な感じです)


先月は幸いにもお仕事が立込んで、忙しい毎日を過ごしていました。

そんな頑張った自分へのご褒美♪
(大阪中央区に勤めるオフィスレディがアーユルヴェーダとヨガレッスンに行くときの様に)




ミツトヨのノギスです。


ただのデジタルノギスならば、 へ? な感じなのですが





この特殊タイプの穴ピッチなどを測るノギスです (しかも防水タイプ)


これ、ず~~っと欲しかったのですが。

お値段が 40000円ぐらいとかなり高価なので半年以上二の足踏んでいました。

(普通のデジノギは 大体15000~20000前後)


これまで穴のピッチを図るときは、普通のノギスの先の細い部分同士を使い根性で見ていたり
ピンゲージ差し込んで測ったりしていましたが、これで軽い穴の距離の計測ができるようになりました。



お金の話ですが、 40000円ぐらいしました。

約ですが、僕のお小遣いの1.5年分に相当します


モノを作るにしても、測るにしても、下ごしらえにしても、費用が結構かかるんです実際は。


えっと、 40000円 ぐらいしました (しつこい)


軽自動車税にすると、大体5年分ぐらいは先に納付できるぐらいの金額です。



でも、わたくし作り手としましては、こんなケチケチ言っていますが、解っています。

頑張って投資したとしても、絶対にプラスになって自分の身に帰ってくると

今までも先行投資して、支払いが辛いときも多いですが、ちゃんと自分にキックバックされています。
壊していった工具達も、授業料かそれ以上の効果になって自分の経験や力になっている。

国内製品に浪費すると言う事自体もある意味それだけでプラスだと考えていますし。



でもキャバクラで使ったお金は内需循環なのに、なんで自分に帰ってこないんやろうなぁ~~?
(ガールズバーと言わないのが、少し20代の中でも後半に差し掛かっている感がありますね、押忍)




もっと頑張って、次はエステやヨガや最新スゥィーツではなく、ご褒美はこれが欲しいんです。





見る人が見れば、僕が何をしたいのかバレバレですが
こう言うので加工に付加価値を付けて行きたいっす。



何にしても、仕事で欲しい物も、プライベートで欲しい物も仕事道具。


病気ですね  


Posted by 東大阪技研 担当的場 at 16:50Comments(5)モノ作り

2010年09月26日

つ、ついにでた



A7075 超々ジュラルミンの加工です。

まずは6面を角出しフライス加工するのですが、大きさも大きさですので
側面をサイドカットで仕上げることに。


そして、エンドミルの径を図り、寸法狙いで削りました。

何の気無しにデジマイクロで測定



ん、んんんんんんんん??



ついに出た!? ゼロカット +- 1ミクロン

サイドカットでここまで寸法狙えたのは、生まれて初めてです。




気温も22度とチョイ微妙ですが、+-1度で問題ないでしょう。


しかし、狙ったときは出ないのに、不思議なもんだなぁ。

ボールネジ駆動のマシンでも、ガラススケール入ってるとまぁまぁ頑張りよるんやな。

うちのスケールは ドイツ産ハイデンハイン製です。


ハイデンハインって、言いたかっただけです。


HEIDENHAIN  


Posted by 東大阪技研 担当的場 at 04:42Comments(3)モノ作り